FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
脳腫瘍のラムネちゃん
2019年01月18日 (金) | 編集 |
15歳のワイヤーダックスのラムネちゃん。
IMG_37r24.jpg


昨年11月に突然大きな発作が起きました。 全身痙攣し、呼びかけにも反応しません。

発作は数分で収まりましたが、その後も3−4日間隔で発作が起こり、すぐにMRI検査を行いました。

その結果、ラムネちゃんの脳の中には大きな腫瘍が見つかりました。

脳腫瘍は、髄膜腫だとか、神経膠腫だとか、星状細胞腫だとかいくつか種類があるのですが、これを確定診断するには組織検査が必要となるので犬では人ほど脳腫瘍の分類までは行われません。

脳腫瘍は高齢の短頭種に好発しますが、もちろんどの犬種でも発生します。

症状としては、性格の変化や、運動の機能の異常、痙攣発作が見られます。

その他の症状として、旋回運動、運動失調、斜頸、嗜眠、強制歩行、行動の変化、失明、攻撃性の増加、徘徊が見られることもあります。

治療は、脳の浮腫や炎症を軽減させるものや抗痙攣薬を使用しますが、これらの治療は、根本の治療ではなく、神経症状を抑えてあげたりすることにより動物のQOLをあげる治療となります。

最近では外科的に脳腫瘍を摘出したり、抗ガン治療(化学療法)や放射線治療なども行われます。

ラムネちゃんの飼い主さまとたくさん話し合いました。

ラムネちゃんの飼い主さまは、もうラムネちゃんは15歳だし、できる限り穏やかにおうちで過ごしたいとのことで、往診で経過を見ていくことになりました。
IMG_38r93.jpg


最初は発作を抑えるお薬を1種類使用していましたが、それでは発作を抑えることができず、週に1度くらい全身性の発作を起こしてしまったので、お薬をもう1種類追加。

この組み合わせがラムネちゃんにはよく効いたようで、最後の発作から1ヶ月、発作がない状態で過ごせています

食欲もそんなにいっぱいあるわけではありませんが、そこそこに食べ、お外で走り、大好きなおうちでぬくぬく。

この時間が本当に嬉しいです

なんのために治療するのか?

それは、病気を理解できない動物たちが、1日でも穏やかに家族と居られるため

ラムちゃん。また来週会いにくるね
IMG_3r889.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

ほるちゃん
2019年01月12日 (土) | 編集 |
11歳のロップイヤーのほるちゃん。

昨年の11月に初めて連絡をいただき、胃がパンパンで鼻水もひどくて呼吸がとても苦しそう、頭も斜頸しているとのことでした。

すぐにお家にお伺いさせていただくと、酸素室で苦しそうに呼吸をするほるちゃん。
IMG_2h601.jpg

お話をお伺いすると、5月から調子をくずし、鼻水などの呼吸器症があらわれ、近隣の動物病院で診てもらったそうです

なんとかお薬で復活し、今日まできたけれど、ここ数日で呼吸が悪くなった模様

何よりお外がとても苦手で、外に出すと暴れて斜頸もひどくなってしまうそうです。

病院の先生からも往診を勧められ、当院にご連絡いただきました

ほるちゃん、鼻水がひどく、呼吸もとても早く、息を吸うのに大きな音を立てながら一生懸命呼吸しています。
いわゆるスナッフル症状です。

スナッフルは細菌(多くの場合パスツレラ菌)の感染により、鼻や喉などの呼吸器官に異常がおき、進行すると肺炎になり命を落とすことがあります。
IMG_26h22.jpg


また、パスツレラ菌などの感染により内耳炎が起こり、平衡感覚をつかさどる部位に炎症を起こし斜頸が引き起こされます。
IMG_27h26.jpg


ウサギに好発するそれ以外の感染症としエンセファリトゾーン原虫が知られています。この原虫が脳に寄生することにより斜頸や旋回といった神経症状が認められます。

ほるちゃんはこれらの感染症や脳腫瘍などが非常に強く疑われました。

感染症に関しては、それに対する抗生剤や高原虫薬を用い、腸管運動を改善するお薬、食事管理、などなどほるちゃんが少しでも快適に過ごせるように飼い主さまも一生懸命ほるちゃんをケアーしてくださいました

その甲斐あって、ほるちゃんウソみたいに元気になりご飯ももりもり食べてくれて、良いウンチもたくさん出してくれました。
IMG_312h0.jpg

IMG_27h27.jpg


でも、クリスマスの日、ほるちゃんはサンタさんのソリに乗ってお空へ。

飼い主さまの悲しみと寂しさは計り知れないけれど、11年間もそばにいてくれたほるちゃんには感謝がいっぱい。

私が出会ったたった1ヶ月。たくさんの優しさを私もいただきました

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
IMG_37h84.jpg


しまペットCLINIC
堀江志麻

謹賀新年
2019年01月04日 (金) | 編集 |
新年明けましておめでとうございます

今年もどんな素敵な出会いがあるのかなぁとワクワクしています

当院にできるサポートをしっかりと行って参りたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_87s85.jpg


IMG_4s207.jpg

しまペットCLINIC
堀江志麻