東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ウサギさんの爪切り
2017年10月16日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

2歳のウサギさん、うたちゃんです。

お外がとにかく苦手で病院では大暴れして何度か診察を断られてしまったとのこと。

しかし、お爪が伸びていてどうしたらよいのでしょう・・・とご相談をいただきました。


ウサギさんは周囲の変化などにとても敏感で、知らない人が近づくことはとってもとっても怖いと感じます。

それは当たり前ですよね! だって自然界では人が近づいてきたりすることはありませんし、ましてや「捕まる」=「食べらてしまう」被捕食動物では、いかに捕まらずに逃げ切るか!が重要視されているのですから。

なので、犬や猫たちのように肉球はなく、毛だけで覆われた足の裏を使って足音を立てずに歩くのです。

さて!そんなうたちゃんの診察に。さっそくご自宅に伺ってみました

玄関先に往診バッグを置き、そーっとそーっとおうちにあがらさせていただきました。

お部屋の中にはかわいいうたちゃんがケージの中から覗いています。
IMG_00u22.jpg


初めての場合は、そのウサギさんがどんな性格でどんな風に嫌がったりするかわからないので、互いに様子見。

そーーーっと近づくもあっさりとぴょんぴょん逃げていきます。

その逃げ方などで大体の性格がわかります。

バスタオルを用意し、さっとウサギさんにかけて視界をなくします。

そのままさくっとタオルで包み込み保定完了

なるべく顔は隠して足だけ出して爪を切っていきます。

最後にお顔だけ出して、口の中を見る機器を使用して歯の状態を確認します。
IMG_00u23.jpg


ウサギは一生全ての歯が伸びる動物。通常は牧草を歯で横にすりつぶすことにより歯が毎日削られますが、時々様々な原因でうまく削られずに歯が伸びてしまうことがあります。

一度歯が変な風に伸びてしまうと、歯の生える方向が変わり定期的な歯切りが必要となるケースも多いです。

うたちゃんも実は少し前に歯が伸びすぎて麻酔下で歯をカットしました。

あれからどうかな??

チェックしたところ大丈夫そうです

一通りの診察を終え、またまたそっとおうちをあとにしました。

私が帰った後も、特に問題なくお部屋を歩き回っていたそうで一安心。

うたちゃん、また行くね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com




25歳の命はお空に
2017年10月02日 (月) | 編集 |
9月29日午後1時33分、しんくんは虹の橋を渡りました。

最初の出会いは、2016年2月28日、1本のメールでした。

"なんとなく具合が悪のだけれど、お外が苦手な子で、外に出すと泡を吹いて暴れてしまうので自宅に来て欲しい”というご依頼でした。

さっそく往診に伺うと、そこにはとっても物静かな優しい優しいトラ柄の猫さんがちょこんと窓辺に座っていました。

どんな子かなぁ、シャーシャー言うかなぁ、怖がっちゃうかなぁ、色んなことを考えながら私はしばらく様子を見ていました。

ほとんどの場合、猫さんはこちらの様子を気にしてチラッと影から見ていたり、目をまるーーーくして凝視していたりするのですが、しんくんは20歳を超えているからでしょうか?何もかも知っているかのような表情でこちらを気にすることなくお外を眺めていました。

触診、聴診、血液検査をおこなったところ、歯周病は進行しており、お口は痛そうでした。

血液検査では、腎臓、肝臓、膵臓、甲状腺の数値が高く、幾つかの疾患を持っていることがわかりました。

幸い食欲はまずまずありましたので、これからどのようにしんくんと向き合っていくか、どんなことをしてあげられるかをじっくり飼い主さまと話し合い、しんくんへのサポート体制が決定しました。

それからたくさんのことがありました。

ある時は調子の良い日々が続き、ある時は急性に腎機能、肝機能が悪化し、意識も虚ろになったことも。

静脈内点滴を行い飼い主さまもしんくんも何日も何日も心が休まらないときもありました。

ですが、命はすごい。

しんくんは何度も驚くような大復活を遂げ、自ら食事を摂ったり、飼い主さまに甘える姿を見せてくれました。

5歳だろうが、10歳だろうが、15歳だろうが、20歳だろうが、動物たちは命ある限り生きようとし、ときに苦しい時間もあれど、飼い主とともに頑張ってくれて、そして、また私たち飼い主に心を沿わせてくれます。

だから、家族なんです。大切な。

25年間、飼い主と共に過ごしたしんくん。

春の日も、夏の日も、秋の日も、冬の日も。

ご自宅に伺えば、しんくんがどれだけ愛され、そしてどれだけの愛を飼い主にくれたかを感じることができます。

安らかな顔をみると、どれだけしんくんの猫生が幸せだったかを感じることができます。

25年の猫生の、ほんの一部ではありますが、私もその中に入れていただけたこと、心より感謝いたします。

大好きなしんくんへ。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

IMG_18s22.jpg

しまペットCLINIC
堀江志麻


 
@Amsterdam
2017年09月26日 (火) | 編集 |
すっかりブログの更新が遅れてしまい申し訳ありません!!

先週末から学会参加でアムステスダムに来ています

今回の学会はアメリカ、ヨーロッパ各地と世界中から獣医師が集まっています。

アムステルダムに数年前にオープンした24時間の動物病院
FullSizAeRender 146

待合室もとっても広い
IMG_09A61.jpg

FullSiAzeRender 147

この病院をお借りして、実習です。
FullSizeARender 148

IMG_0A967.jpg

IMG_09A72.jpg


世界中から獣医師が集まっても、志は皆一緒(^^)

IMG_10A37.jpg

IMG_10a41.jpg

IMG_1042a 2

まだまだ続きますが、少しでも皆様により良い診療がおこなえるようたくさん吸収して帰りたいと思います。

不在中ご迷惑おかけしますがメールはなるべく早く返信いたしますので何かあればご連絡くださいね

9月30日にもどります。

a.jpg

IMG_54a09.jpg

IMG_10a03.jpg

IMG_5a371.jpg

IMG_5a359.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com