東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
前庭疾患
2018年02月13日 (火) | 編集 |
先日の往診症例です

8歳のチワワ、ぽんちゃんです。

今朝から急にフラフラしていて、嘔吐もしているとのこと。

さっそく伺いました

ぽんちゃん、フラフラしていてまっすぐ歩けません

目を見るととっても揺れています

眼振です。

首も傾いています。(斜頚)

初日の眼振の様子


この症状はとっても特徴的で、動物の位置情報、平衡感覚を司る「前庭」という場所に何らかの異常をきたしています

前庭は、耳の鼓膜の奥に存在します。

大きく分けて、内耳の前庭付近での問題、もしくは脳神経を介して脳の問題に分けられます。

前庭障害の原因は様々で、中耳炎、内耳炎、原因不明の特発性、内耳の腫瘍、ポリープ、脳腫瘍など多岐に渡ります。

ひとまずぽんちゃんは眼振が強く、本人にとっては地球がぐるぐるまわって非常に気持ちが悪い状態。

吐き気をおさえ、炎症を抑える治療を行いました。
IMG_265p5.jpg


翌日はまだまだ眼振も強く、食欲もありません。
IMG_26p59.jpg


3日目の斜頚の様子


3日目わずかに眼振が治まってきて少し食欲が出てきました。
斜頚は強いまま。

7日目の眼振の様子


治療開始から1週間、ほぼ眼振は無くなりました。

しかし斜頚はかわらずあります。

飼い主様と現状を確認し、ぽんちゃんは今月MRIを撮影することにしました。

前庭疾患は症状は特徴的なので診断はすぐにできますが、原因の特定はMRIが必須となります。

ぽんちゃん、頑張ろうね!!

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



巻き爪
2018年02月05日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

12歳のネコ、ミランちゃんです。お外がとーーっても苦手でなかなか病院に連れていけないとのこと。

定期検診に伺いました。

ミランちゃん、最近少し痩せてきたかも?ということで腎機能や肝機能など全体的に血液検査でチェックしました

とってもお利口さんに採血させてくれましたよ
IMG_26m88.jpg


12歳とは思えないほど血液検査の数値はパーフェクト

よかったーー

しかーーし!お爪がまき爪になっていて肉球に刺さっていました

ネコさんは痛みを隠すことが多く、なかなか飼い主様が気づけないことも多いのです。

肉球に刺さった爪を全て取り除き消毒して終了!

昔は良く爪とぎした子も、シニアになるとうまく爪がとげていなくて巻き爪になっていることもありますので時々チェックしてみてくださいね


そして8歳のルパンくん
実はとーーーっても太っていたのです

8ヶ月かけてダイエットに成功

まだまだぽっちゃりですが、だいぶスリムになりました。
IMG_27m02.jpg


引き続きがんばろうね

往診グッズが気になる(笑)
IMG_26m95.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

皮膚にしこり
2018年01月26日 (金) | 編集 |
もうすぐ3歳のジャックラッセルテリアのバーディーくん。

背中のあたりに何かしこりができてしまいました。

まだ若いので基本的には問題ないと思われますが、すこーし拡大傾向も出てきたので、細胞診をすることにしました。

ほそーい針でそのできものをぷちっとさします。

針穴に取れた細胞を病理学者にみてもらいます。

バーディーくん、大好きなおうちで少し緊張気味だけど、パパとママが見守る中とってもお利口に細胞診させてくれました。
image1-5.jpeg


結果はこれからですが、悪いものじゃないといいね!!

ナッツも応援していました
IMG_2471.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com