東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
精巣腫瘍
2016年12月05日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

10歳のパグ、パンくんです。
IMG_69p65 2


パンくんは去勢手術をしていないのですが、「最近2つの精巣の大きさが違う気がする!」とのことでご連絡いただきました

さっそくご自宅へ

たしかに。

右側の精巣の方が左と比較すると大きいです。
IMG_09p39.jpg

IMG_09p55 2

右が大きいのか?左が縮小したのか?

いずれにしても、左右差があります。

熱感はないので、炎症ではなさそうです。


腫瘍を疑います。

犬の精巣腫瘍は主に3種類の腫瘍が発生します。

・精上皮腫(セミノーマ)    
・間質細胞腫(ライディッヒ細胞腫) 
・セルトリ細胞腫


多くは良性腫瘍であることが多いのですが、もちろん悪性であることもあります

飼い主さまに精巣腫瘍の可能性をお話しをし、良性が多いのは確かですが、悪性の可能性も考え、手術で摘出することにしました。

もちろん、 短頭種であること、10歳であることは可能なら麻酔をかけたくはないですが、でも、今元気なうちに安全に麻酔をかけ、摘出することが良いと判断しました。

いつもお世話になっているリリーフ動物病院さんで手術

麻酔も順調にかかり、目覚めも良く元気に当日帰宅

数日後飼い主さまから、手術してからの方がすごく元気になったんです!!と(^^)

さて、今回パンくんは両側摘出し、病理検査に出しました

結果、なんと
右側;精上皮腫で悪性
左側;間質細胞腫で良性

右側が悪性で戻ってきました

しかし、脈管浸潤はなく、腫瘍は取り切れていると結果が戻ってきたので一安心。

悪性の精上皮腫の場合、5−10%にリンパ節や肺、その他の臓器に転移することがわかっているので本当に良かったです。 
(セルトリ細胞腫は2割くらいが悪性と言われています)

今回、パンくんは違ったのですが、「セルトリ細胞腫」の場合、雌性変化を起こし、乳房が雄なのに大きくなったり、雄犬が寄ってきたりします。
また、皮膚の色素沈着なども。

一見精巣とは全く関係ないのに、そういった症状が実は精巣腫瘍からくるものであることがありますので覚えておいてくださいね

また、パンくんの左側の精巣もそうですが、間質細胞腫はあまり大きくならないことが多いです。

去勢をしていない子は、精巣のサイズに加えて、皮膚やその他の変化がないか、注意してくださいね
FullSizeRpender 77


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

「IN」&「OUT」
2016年11月27日 (日) | 編集 |
顧問をさせていただいている、犬のスクール、"DOGSHIP harbor"
DOGSHIP harborhttp://dogship.com/harbor/

皆さま、キャリーバッグ(クレート)ってどんな使い方をしていますか?

大好きな寝るところ?
犬が1番安心できるところ?


それとも

悪い事をした時に入れる?
動物病院に行く時に入れる?


犬は家族であるのは間違いないけれど、"犬"である事も確か。

何かの時には安心してクレートに入れることを学んで欲しい

そのためには、日頃から入る楽しさを教えてあげる。

でも、もっと大事なのは、出る楽しさも教えてあげること。

「IN」で自ら入りそのまま待つ。
「OUT」で自ら出て飼い主の前で座って待つ。



クレートに入れて静かにさせるのではなく、コマンドに従い、犬が自ら入り待つ。

自主性を促すトレーニング。

1つ1つが丁寧である事が大事

上手にできるようになったね

とても楽しそうにやっているのが素敵です。

当院では犬たちが人と共生する上で、犬への教育は必須であると考えています。
もちろん、正しい方法を理解するために、私たち飼い主側の理解と学習も絶対に必要。

吠え続ける、咬む・・・人間社会では決して良いことではありませんので、しっかりと犬たちと向き合ってくださいね(^^)

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



謹賀新年
2016年01月02日 (土) | 編集 |
あけましておめでとうございます

お正月、皆さまいかがお過ごしですか?

2016年も、たくさんの幸せと穏やかな日々がみなさまのもとに溢れますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

往診も2日から行っていますので何かありましたらお気軽にご連絡くださいね

しまペットCLINIC
堀江志麻

可愛いぷちストーカー
2015年10月22日 (木) | 編集 |
先日のトレーニング内容です。

1歳のトイプードルのぷにちゃん。

小さいころからトレーニングをしているのですが、当時の課題は、ケージレスの生活をさせること


まだ日本では犬を飼ったらケージでお留守番をしている子が多いのが現状ですが、ぷにちゃんの飼い主さまは、いつもくつろいでいるところで気持ち良くお留守番させてあげたいということでトレーニングをスタートさせました。

当院でトレーニングを担当していただくのは DOGSHIPさんです。
DOGSHIPhttp://dogship.com

犬だけの問題ではありません。普段の接し方が家でどう過ごせるかにとても関わってくるので、飼い主さまにもしっかり学んでいただきます

今やぷにちゃんは、フリーの状態でとてもお利口にお留守番ができます

そして今の課題。

ぷにちゃんはとにかくHappyガールで、犬が大好き

お散歩の時にすれ違うわんちゃんに激しく猛烈にしっぽふりっふりで近づいていくのです。

ですがこの猛烈アタックに他のワンちゃんも飼い主さまも引いてしまうのだとか。。

ぷにちゃんの一方通行の愛(笑)

なので、飼い主さまはぷにちゃんに上手に他の犬に挨拶させてあげたいということでトレーニング

さて、まずはいつものコースでいつものようにお散歩に一緒に行きます。

お散歩開始直後、ぷにちゃんったら右へ左へ前へ後ろへ自由 自由
もちろん「自由」なお散歩もとっても大事です。ですが街中を歩く時は飼い主さまの指示に従いきちんと横について歩くことも大事です。



ぷにちゃんはどうしてあんなにはしゃいでしまうのでしょうか?

実は同じ「はしゃぐ」でも色んな理由があります。

さっそくぷにちゃんのいつもの挨拶をチェック。

近づいてくるワンちゃんに猛烈アタック。ふりふりで大興奮ですテンション高い高い

でもよく様子を見てみると、ぷにちゃんはワンちゃんに近づいていったり、ぷにちゃんの飼い主さまのところに戻ってきたりしっぽフリフリで行ったり来たり

私からすると嬉しくてしょうがないようにしか見えないのですが、しばらくそれを観察されていたDOGSHIPの須﨑さんがぷにちゃんの飼い主さまに一言。

「ではぷにちゃんから離れてみてください」

ぷにちゃんの飼い主さまが2メートルくらい離れると、あんなに他のワンちゃんにふりふりだったぷにちゃんは今度はずっと飼い主さまの方を見てお座りしています



あれ?挨拶はもういいの??
実はぷにちゃんは他のワンちゃんに興奮している自分を見て飼い主さまが喜んでいる!と思っていたようです

だから、ワンちゃんのところに行ってはふりふり、飼い主さまのところに戻ってきては「どう?こんな私素敵??こんな私好き??」と言わんばかりにふりふり。

ぷにちゃんは最高に飼い主さまのことが大大大好きなんです

飼い主さまが何が好きか、何を喜んでくれるかを常に考えている可愛いぷちストーカー

なので見てほしい飼い主さまがそばにいないなら、興奮する意味がぷにちゃんにとってはなくなってしまうのです。

とても愛らしいです

さて!ぷにちゃんの興奮の理由がわかったので、今度はぷにちゃんに新しい挨拶の仕方の提案です。

犬は、それぞれに挨拶の仕方があります。

お座りする犬、フセをする犬、立った状態の犬 etc・・・

その子の挨拶の仕方をしっかりと見極めて、それを生かした挨拶の仕方を教えていきます。

ぷにちゃんも飼い主さまもこんなに暗くなるまで練習



練習あるのみです。犬は経験から多くのことを学びます。

数日後、こんなに嬉しいメールが届きました

「お散歩は一進一退ですが、がんばっています。週末に生まれ変わったぷにを主人が見て、びっくりしていました。お友達とのご挨拶も少しづつ上手になってきました」

うれしいです~

ぷにちゃん、また散歩のレベルアップしようね



犬と暮らすのは本当に大変なことです。お散歩も行かなきゃいけないし、ご飯も作ってあげないといけないし、噛むことだって吠えることだってあります。
人と共生するためのマナーも、犬と犬らしく過ごす時間も飼い主さまが与えてあげなくてはいけません。

でも犬と暮らすって表現できない幸せを感じることができます。
心のプレゼントの連続です。

犬との暮らしがもっともっとHappyになるように当院にできるサポートをさせていただきたいと思います

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

その後-慢性胃炎のぷにちゃん
2015年07月31日 (金) | 編集 |
先日の慢性胃炎と診断されたトイプードルのぷにちゃんのその後の経過報告です
blog http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

1ヶ月以上食後の嘔吐、吐き気が収まらず、内視鏡における病理検査の結果、「慢性胃炎」と診断された1歳のぷにちゃん。


確定診断がついてからは積極的な投薬、フードを療法食に変更しました。

治療をスタートして、確実に吐き気は減りました。

しかし、最初に飼い主さまにもお伝えしましたがなかなか時間がかかる慢性胃腸炎
時に一生治療が必要なケースもあります。

ぷにちゃんも食後に少しだけペチャペチャと気持ち悪そうにする様子が続きます


幾つかお薬の組み合わせを変えていきます
どの病気でもそうですが、最初に診断がついたときから、症状というのは変わっていきます。良くなる子もいれば、悪化する子、全く変わらない子。

なので、定期的に薬の見直しが必要です

皆さまも漠然と同じ薬をず~~~っと飲んでいませんか?

かならずかかりつけの病院で定期的にチェックしてくださいね

さて、ぷにちゃん。治療をスタートして2ヶ月目。

今回新たに変更したお薬がぷにちゃんにはとっても合っているようです!!

ずーっと続いていた食後の吐き気が収まったのです!!

新たに使用したお薬はモサプリドです。

モサプリドは代表的な胃腸薬の一つであり、胃腸運動を活発にさせることで、胸やけ、悪心、嘔吐を改善させ、副作用も少ない優秀な薬です。獣医診療でも良く使用される薬の一つです

似たような作用のお薬は使用していたのですがイマイチパッとせず、今回このお薬がぷにちゃんにはビシっと効いているようです(^^)

そして、フードに関してですが、ぷにちゃんはもともと、市販ではありますが添加物フリーの手作り派。

私もそれで良いと思っているのですが、以前は吐き気が強すぎたので低アレルギー性の療法食に変更していました

ですが、療法食に変更して1ヶ月。ぷにちゃんには合わないようで皮膚の痒みが増え、涙もベタベタのものが多く出るようになりました

モサプリドで症状も落ち着いているのですぐにフードを今までのフードに変更していただきました。

皮膚の痒みとベタベタの涙もすぐになくなりましたが、やや吐き気が戻りました

今日から、私がいつもドイツでお世話になっているドクターの手作りレシピで様子を見ていく予定です。
http://www.tierarztinduesseldorf.de/

さっそく食材を飼い主さまにご連絡(^^)
まだお薬は飲んでいるので完治とは言えませんが、でも、徐々に状態が安定してきています。

まだたった1歳のぷにちゃん。
麻酔をかけて内視鏡検査もして大変でしたね

もう少し頑張っていきましょうね

実はもう一つぷにちゃんにはお薬以外にご提案していることがあります。

ぷにちゃんはとってもHappyでいっつも、もふもふ大はしゃぎ(笑)
他の犬に会っても、他の人に会ってもとにかく近づきたくて大興奮

ぷにちゃんの飼い主さまは平日お仕事をされているので、その間はお留守番です

そのお留守番の前のひと時、大好きな飼い主さまと大好きなお散歩に行くのですが、大興奮のぷにちゃんを受け入れてくれるワンちゃんがなかなかいません


ぷにちゃんは、お留守番はケージレスでフリーの状態。でもいたずらもせずとってもお利口
そう、一緒に暮らしていて、困ることはないんです

でも、犬としての遊びや、犬としての犬同士の挨拶をもっと上手にできたら、ぷにちゃんの「またあの子と挨拶が出来なかった」とか「あの子はどんな子なんだろう」といった小さなストレスがなくなるのではと思い、私が信頼しているDOGSHIPさんのスクールにたまに来てみることをご提案しました。

DOGSHIP SCHOOLhttp://dogship.com/harbor/

犬は経験から全ての事を学びます。 「挨拶」においても、いきなり正面から行けば、「ガウっ!」と叱られる経験も大事です

でも、人とだけ暮らしていると、人は正面から挨拶しますので、なかなかお尻くんくん挨拶ができなかったりします。

叱られる経験、思いっきり遊ぶ経験、過剰に吠えてはいけない経験、たくさんの犬の中でも穏やかに過ごす経験。

経験をすることで、ぷにちゃんの散歩での他の犬との交流がきっとうまくなります

先日初めて他の犬たちと1日スクールで過ごしました。

同じくらいのハイテンションのプードルちゃんとひと遊びし、自分の大好きなクッションで休むぷにちゃん。




同じハイテンションで高齢のパピヨンちゃんに正面から近づきガウっと叱られるぷにちゃん

仕事帰りの飼い主さまがお迎えに来られ、今日1日のぷにちゃんの様子をご報告。

ぷにちゃん帰りは爆睡だったそうです(笑)
たくさん学んだね!

また来月一緒に行こうね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com