東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
セミナー開催されました!
2017年07月24日 (月) | 編集 |
昨日、「もし我が子がガンと診断されたら?」と題しましてセミナーを開催させていただきました。
IMG_92s90.jpg


『何か、皮膚にしこりがある、何かできものがある、なんとなく体調が悪い、定期検診で異常が見つかった』

もし、我が子が「ガンです」と宣告された場合、どんなことがしてあげられるのか。
ガンの中には、早期対応することでもちろん完全に切除できることもありますし、もしくは治療によって苦しくない穏やかな時間を動物たちと長く過ごすことができます。

7年間、岐阜大腫瘍科で学んできた高橋獣医師に、わかりやすくたくさんの動画や写真を用いて皆さまにシェアさせていただきました。
IMG_9s293.jpg


我が子と穏やかな時間を可能な限り1日でも長く一緒に過ごせるために・・・。

また、実際にお腹の中にしこりがあるとエコーでどんな風にみえるのか? そして、そのしこりをどんな風に検査するのかデモもおこないました。

皆さま、興味津々
IMG_43s27.jpg

IMG_92s99.jpg

IMG_92s98.jpg

また、セミナーの前後には、飼い主さま同士のコミュニケーションの場としてミニミニブースを設置
IMG_93s10.jpg

IMG_43s18.jpg

IMG_43s08.jpg

IMG_43s10.jpg

IMG_43s28.jpg

IMG_9s289.jpg

少しでも皆様にとって良き時間であったならうれしいです。

これからも当院にできる発信、おこなっていきたいと思います。

ご協力くださいました、
岐阜大学応用生物科学部獣医学過程 分子病態学研究室 森 崇 教授
岐阜大学動物病院腫瘍科の先生方、看護師の方々に深く感謝申し上げます。

また、ブースにご協力くださいました、
ペット用シャンプーN's drive代表行広さま、ペット用消臭除菌スプレーHUGFAM代表坂田さまにも感謝申し上げます。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



【セミナーのご案内】もし我が子がガンと診断されたら?ガン治療の実際
2017年07月17日 (月) | 編集 |
7月23日(日) セミナーを開催いたします

この春から当院で一緒に往診診療を行う高橋獣医師による、「もし我が子がガンと診断されたら?ガン治療の実際」セミナーです。

高橋は私が獣医師4年目のときに、私の後輩として横浜の病院にピッカピカの1年目として入ってきました。

あれから10年。これからは皆さまを一緒にサポートしていきますのでよろしくお願いいたします。

ブログに紹介していますのでぜひ見てください(^^)
高橋獣医師→http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-363.html

彼女は7年間岐阜大の腫瘍科で勤務してきました。そこでの経験を通して、高橋が岐阜大腫瘍科で学び経験したことを動画や写真を使用してお伝えできたらと思います。

今回、セミナーのタイトルでもある「腫瘍・ガン」と向き合えたらと思います。

もし、我が子が「ガンです」と宣告された場合、どれだけのショックを受けられることか。

もちろんどんな病気の診断もとても辛いものではあります。

その中でも、「ガン」という響きは本当に飼い主さまには辛いものだとお察しいたします。

・肝臓を切らないといけない。
・脾臓を全部摘出しましょう。
・抗がん剤治療が必要です。
・放射線治療をお勧めします。
・顎を全部取りましょう。
・断脚が必要です。
・一生、胃にチューブをつけて食事を取らなくてはいけません。
・一生、膀胱にチューブをつけて尿を排泄させないといけません。


こういったことを宣告された時、そして、完全には治らないかもしれないと知った時、多くの飼い主さまには上記の治療はとても敷居が高いように感じられるのではないでしょうか?

そして、
「辛い思いをさせるなら治療はしないでおこう」
「毎回麻酔をかけての放射線治療は負担が大きすぎる」

そんな風に感じられる方も多いのかもしれません。

でも、ガンの中には、早期対応することでもちろん完全に切除できることもありますし、もしくは治療によって苦しくない穏やかな時間を動物たちと長く過ごすことができます

我が子と「穏やかな時間」を可能な限り1日でも長く一緒に過ごしたい

飼い主さまがそう思われるのは当然です。

動物たちが長寿になった今、腫瘍と診断される子達がとても増えました。

もしかしたらいつか我が子がそういうことに直面するかもしれない。

そんな時、少しでも皆さまの選択肢が増えたらという思いでこのセミナーを開催させていただきます。

また、セミナーのあとにはみなさまの疑問や不安などもお気軽にご質問いただけるような時間も取りたいと思います。

どんなガンが多いの?
治療ってどんな風にするの?
動物たちは痛いの?
治療した場合としない場合ではどんな経過をたどるの?
費用はどれくらいかかるもの?


みなさまのちょっとした気になることなどもお答えできたらと思います。


日時;7月23日(日) 13:30−15:00

場所;千葉県浦安市高洲8−1 新浦安パームコート 1Fコミュニティルーム
   ※駐車場ご用意できますので必要な方は事前にお申込みください(数に限りがございます)200円

費用;1,000(税込)/1家族 1家族2名までとさせていただきます。もしそれ以上ご希望でしたらご対応させていただきたいと思いますのでご連絡ください。

定員;30名(予定) 先着順となりますのでお早目にお申込みくださいね!

お申込み;shima.pet.clinic@gmail.com

※わんちゃんねこちゃんは入れません。飼い主さまのみとなります。

どなたでもご参加いただけます。
FullSizeRbender 143


当日ペット消臭除菌スプレーHUGFAMとペット用シャンプーN's driveの特設ブースを設置いたします。

ブースでは両製品の開発者(代表取締役)が直接製品のご説明をさせていただき特別価格でお買い求めいただけます。

多くの獣医師も推奨している製品です。当院の患者さまにも大人気

ペット用消臭除菌スプレーHUGFAM;https://hugfamofficial.com
ペット用シャンプーN's drive;http://www.nsdrive.com

参加者の皆さまに喜んでいただけるようなプレゼントもたくさん考えていますのでどうぞお気軽に足をお運びください

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

往診同行犬、ナッツのご紹介
2017年07月14日 (金) | 編集 |
こんにちは(^^)

しまペットCLINICの堀江志麻です。

インスタでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私のパートナー、ナッツをご紹介いたします。

ジャックラッセルテリア4ヶ月。

3月12日16時20分に166gで生まれました

第4子として生まれました。
IMG_91n36.jpg

生後18日目、うっすらと目が開いてきました。
IMG_91n37.jpg

生後3週間。大好きなママと。
FullSizneRender 145

そんな優しいしっかりもののナッツがやってきたのは1週間前。

IMG_86n28.jpg

IMG_86n15.jpg

IMG_87n86.jpg


これからわたしと一緒に往診に同行します。
IMG_86n65.jpg

定期的に往診に伺うおうちでは、ご挨拶させていただきました。

みんな快く迎えてくれてありがとう
IMG_8n925.jpg

IMG_8n926.jpg

IMG_91n24.jpg

往診先では、静かに待つことができます。

まだ4ヶ月ですが、しっかりと往診パートナーとして大切に大切に育てます。

これからどうぞナッツをよろしくお願いいたします。

※もちろん、猫さんのおうちや、初めてのおうちなど、連れて行く場所はしっかり見極めていきますのでご安心くださいね

IMG_9n135.jpg

しまペットCLINIC
堀江志麻

命の誕生ーMシュナ
2017年05月15日 (月) | 編集 |
「みんなうちの子!」そんな気持ちで犬たちを新しいご家族にお渡しされるDOG SHOP テリアス。
スタッフ全員が仕事に対しプロフェッショナル。

今日こそ生まれるかな!?

予定日過ぎて3日。昨夜も待っていましたが一向に産む気配なし

今日こそは!!

そわそわし始めたシュナちゃん。

お産は初めてのシュナちゃんです。

陣痛が始まり、初めての痛みにびっくりするシュナちゃん。

でも、「大丈夫、大丈夫」と声をかけ落ち着かせます。

IMG_49m29.jpg

出てきました!
mhull.jpg

膜に包まれているので膜を剥がします。本来は母犬が膜をかみちぎりますが、最近の家庭犬では、母犬自身がびっくりしてすぐに行動に移せない子もいます。

なので様子見てすぐに介助を
IMG_49m42-1.jpg



ピーピー鳴いたら、へその緒をしばります。
IMG_49m51-1.jpg

4頭みんな無事!
FullSizeRemnder-66.jpg

FullSizeRemnder-59.jpg

FullSizeRemnder-61.jpg

FullSizeRemnder-63.jpg

シュナちゃんすぐにお母さん
IMG_50m09.jpg



FullSizeRenmder-56.jpg

命の誕生は本当にすごい。

子犬はこれから思う存分母犬と過ごし、そして、新しいご家族のもとへ。

母犬にも心がある。子犬にも心がある。それを本当に感じます。

みんなに愛されみんなに祝福され出産する母犬。

そして、誕生を心から祝福される子犬たち。
犬の命の誕生は本当にこうであって欲しい。
 
@DOG's PROSHOP TERRIER'S / ドッグズプロショップテリアス
http://www.dog-terriers.com


FullSizeRemnder-64.jpg
獣医師の紹介
2017年05月07日 (日) | 編集 |
看護師に引き続き、しまペットCLINICの新しい獣医師を紹介いたします

彼女も私と10年前から共に仕事をしてまいりました。

今までに何度か往診にも同行しています。

今後は今まで以上に皆さまのサポートができたらと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

しまペットCLINIC
堀江志麻



初めまして!

しまペットCLINICの獣医師の高橋舞子(たかはしまいこ)です。

私は町の動物病院で約3年間働いたあと、岐阜大学動物病院の腫瘍科で7年弱の間、腫瘍になってしまったワンちゃん、ネコちゃんの検査、診断、治療に携わってきました。

大学病院での勤務の中、高度医療によって沢山の命が救われていると実感したと同時に、まだまだ力が及ばないと思うことも多々ありました。

そして、腫瘍の早期発見の重要性を痛感するとともに、定期検診を啓発していきたいと強く思うようになりました。

また、末期の腫瘍患者さんとその飼い主様に、もっともっと近くに寄り添っていくことはできないのだろうか、と考えるようになりました。

病気を、特に治らない病気をかかえて日々過ごすのは、とても不安なことだと思います。

でも、病気のことや、ワンちゃんネコちゃん自身の状態をしっかり把握できていれば、その不安を減らすことができるかもしれません。

検査のこと、治療のこと、病気自体のこと、ふと感じたこと…なんでもかまいません。

往診に伺った際は、お気軽にお話してくださいね。

ワンちゃん、ネコちゃん、そして飼い主様にとってハッピーな毎日が続けられるように、少しでもお手伝いをさせていただくことができればと思っています。

私の愛犬、ポメラニアンのぽんずです。

生まれつき、動脈管開存症という心臓の病気を持っていましたが、生後4ヶ月で心臓の手術を乗り切ってくれました。

今はとても元気で、走り回るのが大好きな、4歳です♫
image1p-2.jpg

高橋舞子