FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ご縁は続く ブックよろしくね
2020年05月14日 (木) | 編集 |
2019年8月5日にキャディーが生んだ3兄弟。
👉http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

すくすく元気に育っています♪

そのうちの男の子が以前ブログでご紹介したサブくんのおうちに新しい家族として迎えられました。
サブくん①;http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-462.html

サブくん②;http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-463.html

サブくんの飼い主様は少しご年配なので、なるべくおっとりした子を選びました!
IMG_25b93.jpg

IMG_259b0.jpg

そして生後2ヶ月になったときにサブくんのお家へ🏠
IMG_28b55.jpg

beauty_1570942925b086.jpg

子犬をお渡しすることが終わりではなく、子犬を渡したときから(渡す前からだけど!)一生のおつきあい。

一生サポートの始まりです

お名前は「ブック」になりました!!

由来は、ご主人さまが本が大好きなんだそうです!!

素敵な由来

先日3兄弟で集まりました。

マーニー、ブック、ジェシー、それぞれの家庭でいい子に育っています
IMG_60b06.jpg

ブックもとっても素敵なシュナウザーになってきています♪
IMG_73b57.jpg

ブック、これからもよろしくね!

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



まさかの立ちショ◯!?
2020年03月06日 (金) | 編集 |
チビナッツ、ソフィア。 ナッツの可愛い可愛い次女の女の子です

IMG_69s39.jpg


そんなソフィアが

まさかの立ちショ◯

後ろ姿は完全におぢさん。。。。



でも、ソフィアはわざととか、嫌がらせでやっているわけでは全くありません。

生まれた時から知っているのでそれは良くわかります。


でも、絶対に座っておしっこして欲しいので、すぐに飼い主様に対処方法を伝えました。

この時に絶対にやってはいけないのが、立っておしっこしている時に「ソフィアだめ!」とか「あ!!」とかマイナスの感情を出してしまうこと。

それではソフィアはおしっこすることがいけないことと感じてしまう可能性があります。

物ごごろついた頃から、「しーしー」の掛け声でおしっこをしてくれるようになっているチビナッツたち。

そのしつけはしっかりと伸ばしてあげないといけません。

対処方法としては、ソフィアがおしっこしそうになって立ち上がったら、こっそりとケージを揺らします。

するとソフィアはびっくりして立つことをやめます。

そして座っておしっこした時にはものすごーーーーく褒めます

ご褒美のトリーツを一つあげても良いです

ケージのどこでおしっこしても120%の気持ちで褒めます。

それを1、2週間続けていただいたところ今では100%座ってするようになりました

あー良かった

かわいい女の子なのに立ちショ◯だなんて(笑)

ソフィー、これからも素敵なレディーを目指してね

IMG_69s45.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

謹賀新年
2020年01月01日 (水) | 編集 |
新年明けましておめでとございます

昨年も往診を通してたくさんの犬や猫、ウサギたち、そしてその飼い主様と出会うことができました。

どの子も特別で、どの子も大切

今年も少しでも皆様のサポートができるようせいいっぱい頑張りたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
IMG_55n50.jpg


しまペットCLINIC
堀江志麻



開院記念日
2019年11月11日 (月) | 編集 |
11月11日は、しまペットCLINICの開院記念日です。

2011年、11月11日、飼い主様とその動物達にもっともっと寄り添いたくて始めた往診スタイル。

やっぱり良かったと思う毎日。

出会った動物たちはみんな特別で、一生サポートしたいという気持ちでいっぱいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします

IMG_34n43.jpg

IMG_34n48.jpg




しまペットCLINIC
堀江志麻


【僕のワンダフルジャーニー】
2019年09月13日 (金) | 編集 |
私の大好きな映画の一つに、「僕のワンダフルライフ」があります。

本日、続編である、ワンダフルジャーニーが全国で放映されます。

先日一足お先に観てまいりました。

素晴らしかった

数ある映画の中で、こんな風に犬の気持ちを読み、人と犬の絆を表現し、命の誕生と生まれてきた目的を感じ、そして、人と犬の双方に感じる暖かい感情が心に響く。


この映画の原作は、愛犬を亡くし落ち込んでしまったパートナーを元気付けるためにその方が考えたのだと。

とても素敵。

命はめぐる。

私たちは「犬のために」となんでも思いがちだけど、この映画のように【私たち飼い主のために犬が目的を持って生きている】そんな風に感じたい!


獣医師をしていると、動物たちのたくさんの死を経験します。

どの子も愛され家族にとってかけがえのない存在ですので、飼い主様は、死はとても悲しくとても辛いものと感じます。

しかしこの映画では、そんなネガティブな死が、優しく、意味を持ち、そして新しい命につながる。

とても素敵な考えだと思います。

ペットロスは日本でも深刻な問題。

ですが、この映画をみて、そして感じて、少しでも愛犬愛猫を失った飼い主の心が軽くなりますように。

何度だって犬と暮らしたい!

ぜひぜひ前作のワンダフルライフとともに鑑賞してくださいね
IMG_14w25.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com