FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
直腸癌のかんちゃん
2020年05月30日 (土) | 編集 |
今日はかんちゃんの往診🚗

かんちゃんは15歳のミニチュアダックスの男の子。
IMG_91k71.jpg


今から5年前、便に血が混じるということから、麻酔下での内視鏡にて直腸にポリープを発見。

その時の病理検査では癌細胞は発見されず、お薬でポリープの縮小を試み、内服薬で数年うまくコントロールしてきました。

昨年ころから、またポリープが増大し始め、再度の検査で癌細胞が出現。

抗がん剤を使用しながら日々穏やかに過ごせていました。
beauty_158695052k7172.jpg


しかしだんだんと抗癌剤も効かなくなり排泄が困難になってきました。

ウンチをしたいのに出ない。

力みすぎて吐いてしまう。

食べたいけど食べられない。

下剤を使って出すも、下痢は下痢でお尻もただれて辛い。


『どんな姿も愛する我が子』というのは、その通り。
『どんな姿も命ある動物』というのは、その通り。

しかしながら、その子が生きる過程の中で【食べる】【呼吸する】【排泄する】がしたくても出来なくなった時はその苦しみから解放してあげることも必要と考えます。

どんな病気を抱えていようと、それが治らない重度の癌であっても、その子が今は元気で穏やかで痛みや苦しみがないならば、抗癌剤だって、手術だって、お薬使ったって一緒に飼い主と生きて欲しいと考えます。


その子が何をしても苦しい状態であれば、その苦しみから解放してあげることも必要と考えます。

私にとってかんちゃん含め出会った患者はみんな家族のような存在。
今日もたくさん飼い主様と話しました。

今日は穏やかなかんちゃん。こんな日がずっと続けばいいよね。

でも。本当につらいと家族も私も感じた時はちゃんと大切に命を預かるからね。

IMG_97k95.jpg


色んな考えがあって、どんな選択を飼い主様がしたとしても、それは正解。

大好きな我が子を思って選んだ道は正解。

かんちゃんと残された時間は神様からのプレゼント。

かんちゃんにずっと寄り添うからね!
IMG_8k426.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

大ちゃんのお手入れ
2020年05月25日 (月) | 編集 |
ご年配のおばあちゃんと暮らす秋田犬の大ちゃん。

もうすぐ12歳になります!

IMG_47d01.jpg


てんかん発作がありますが、普段はとても穏やかで、何をしても受け入れてくれて(笑)、おばあちゃんとのんびり暮らす大ちゃんです。

ただ、シニアなので、目や口の手入れが十分に行き届かないため、定期的に往診に伺っています。

少し目やにで汚れた目を洗浄。
IMG_15d35.jpg


シニアの犬たちは涙の量が減少し、瞬きするたびに、自分自身の瞼で角膜を傷つけてしまうことがあります。

大ちゃんも毎日数回の目薬が必要です。


そして、昨年歯周病から高熱を発症し、命の危険にさらされた大ちゃん。

麻酔下で20本以上の歯を抜歯し、歯周病の治療を行いました。

シニアではありますが、麻酔の覚めもすごくよく、高熱もおさまり、口腔内環境がとっても改善し以前よりも元気いっぱいに!!

磨き残しを照らし出すライトを使って大ちゃんの口腔内を確認。
IMG_9d363.jpg


歯周病に再度なりそうな場所を確認し出来る限り綺麗にしていきます✨

IMG_93d66.jpg


今回の血液検査では以前から高かった肝臓の数値もすっかり落ち着きとても良い状態。

大ちゃん、また来るね

9C35Fd708-6AE2-4E37-8071-284D1CD2E4D7.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

夏風邪?
2020年05月24日 (日) | 編集 |
先日の往診症例です。

8歳になるジャックラッセルのひめちゃん。


今朝から空咳が続き、お外に行くと、草ばかりを食べて挙げ句の果てに吐いているとのこと😢

すぐに往診に伺いました。

玄関まで尻尾を振って迎えてくれたので、まずこの時点で、こういう元気はあるなーと確認。

その後しばらくはひめちゃんに構わず、様子を見ます。

病院や本人が緊張していると、咳の様子や気持ち悪いい様子など隠されてしまいますが、自宅のリラックスした環境だと呼吸の状態含め、本人の様子がよくわかります。

しばらく様子を見ていると、少し口をぺちゃぺちゃ。

若干君と悪い様子が伺えます。

IMG_9h443.jpg

聴診では肺の音は問題ありません。

少し気管支で炎症があるのかな? 胃腸は少し疲れているのかな?

ここ数日寒暖差が激しいので軽い風邪を引いてしまったのかもしれません。

気管支の炎症を抑える薬と、胃腸の動きを整える治療を行いました。

翌日、すっかり空咳も嘔吐も止まったようです♪

あれから3日目の今日も、とっても元気!!

ひめちゃん、よかった〜

815D63h84-3E49-43C7-84BB-6973720BF6F0.jpg


シニアになるとちょっとしたことで体調をガクッと崩すことがあるので早めの対応、大事です

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

歯磨きシート食べちゃった!
2020年05月23日 (土) | 編集 |
夜9時のこと。

さて、お風呂に入ろうかな?と思っていると一本の電話📞

「カシューが歯磨きシート飲んじゃった!!」

「えー!!」

カシューくんは、6ヶ月のジャックラッセルテリア。

ナッツが去年産んだ子です!
IMG_3c560.jpg

カシューの体格、歯磨きシートの大きさ。。

んーーー。。ウンチに出そうにない。。

すぐに🚙でカシューくんのおうちに!!

出なかったら内視鏡かな〜、開腹かな〜。。とモヤモヤ☁️🌀

到着しすぐに血管内に吐き気を起こさす注射をしました💉
IMG_35c88.jpg

IMG_358c9.jpg


待つこと数分。

オエオエしだしてついにシートを吐きました〜!!👏


吐いた〜!!!!
良かったよぅ!!

その子の事がわかっているから飛んでいきたいし、治療法も確立。

子犬は本当になんでも食べる事があるので皆様気をつけてくださいね!!

それから絶対に絶対にやらないでいただきたいこと

インターネットでは、異物を食べてしまった時に『塩を食べさせる』とか、『オキシドールを飲ます』といった方法が出てきます。
たしかに、これらは嘔吐を誘発しますし、皆様の成功体験として「よかった!」と出てくるかもしれませんが、絶対に絶対にやらないでくださいね

これが原因で命を落とす子も経験があります。とても怖いです。

なので、万が一愛犬が何かを飲み込んでしまった場合には、必ずかかりつけの獣医師に相談してくださいね!

ふぅーーー。忘れた頃に緊急症例。ゆっくり寝ましょう(笑)
IMG_94c01.jpg

1F802c7BF-52BD-4DD8-A1A1-E95D8249A86F.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

パンくんの発作
2020年05月04日 (月) | 編集 |
13歳のパグのパンくんです。

先日突然、全身性の発作が起きました。


飼い主様もびっくり😢

すぐに往診に伺いました。その時にはもう発作は終わっていましたが、少し疲れの見えるパンくん。
IMG_82p97.jpg


念のため血液の異常がないか検査をしましたがこちらは問題なし。

シニアの犬。ましてや短頭種。まず頭に浮かぶのは脳腫瘍です。

飼い主様の希望もあってMRIで確定診断をしたかったのですが、コロナの影響でなかなか予約が取れず💦

その間、発作を起こしにくくする抗てんかん薬は開始。

投薬から3週間、パンくんは発作なんて起こしたのが嘘のように穏やかな今まで通りの日々になりました。

飼い主様と改めてゆっくりお話しし、MRIをとって仮に脳腫瘍があるとわかっても、外科的な介入をすることはない。

少しでも1日でも長く、大好きなパンくんと穏やかな日々を送ることが飼い主様の願い。

であれば、このまましばらくお薬を飲み、様子を見ることにしました。

パンくん(^^) 今日は混合ワクチンだよ💉

相変わらずお利口さんのパンくんでした。

284530pC4-425E-4A63-AA0C-8389E3E0C6A7.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com