東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
猫さんの糖尿病管理
2017年11月10日 (金) | 編集 |
先日の往診症例です

11歳の猫、ボーノくんです。

糖尿病があるので、1日2回インスリンのお注射が必要です。

猫さんの糖尿病は原因は様々。

膵炎だったり、薬剤誘発性だったり、副腎腫瘍だったり・・・

でも最も多いとされているのが、以下の2つです。

◎遺伝や高カロリー、高脂肪食、運動不足などにより引き起こされる「インスリンの作用不足」が原因とされる人でいう2型糖尿病。

◎慢性膵炎


血糖値を下げる役割をするインスリンというホルモンは膵臓から出ます。

実は中高齢の猫の9割は「慢性膵炎」を患っているというデータがあります。

食事や生活環境が関係しているのかなぁと思っていますが、まだ断定はできません。

糖尿病の原因とされている、膵炎は、超音波検査、血液検査などである程度診断できますので必ずチェックします。

糖尿病を上手にコントロールするには、生活習慣の改善に加えて、膵臓のケアーも同時に行うことがとても大事です。

そして治療の主体は「インスリン注射」です。

「治療」と書きましたように、昔に比べて猫さんの糖尿病はとてもうまく管理できるようになりましたので、いずれインスリンの量を減らしたり、投薬をやめることができる可能性が十分にあるということです。

なので決して諦めず糖尿病と向き合ってくださいね

インスリン注射はもちろん必要なのですが、それよりももっともっと大事なことがあります。

◎体重管理
肥満がいけないように感じますよね?

もちろん肥満も良くないのですがもっと良くないのが「痩せていること」です。

インスリンは脂肪、筋肉に作用しますので、痩せすぎで脂肪も筋肉もないとインスリンが全然効きません。

なので、痩せている場合にはしっかり給餌して体重を増やします。

◎炎症やストレスはないか!?
膀胱炎や歯肉炎、関節炎などの何らかの炎症が体にあると、ストレスがかかります。

ストレスが体にかかると、副腎という臓器からその炎症を抑えようとコルチゾールというステロイドホルモンが出ます。

その結果、ステロイドホルモンによりインスリンが効かなくなります。

しかし、興味深いのが、中高齢になると何らかの炎症がない動物はいないということ。

もちろんこれは人のデータですが、老化=慢性炎症

猫さんで言えば、10歳以上の猫は7割が老齢性関節炎があると報告されています。

すべての炎症を把握したり、改善することは難しいですが、運動療法、ハーブ、サプリ、時に薬などにより慢性炎症はかなり改善することできますので、こちらも積極的に併用していきます。


◎食事
可能な限り規則正しく食事を与えた方が血糖コントロールしやすいです。

そして、食事ももちろん、高タンパク低炭水化物が良いのですが、高齢になると、慢性腎障害をもっている猫たちも多いです。

慢性腎疾患の猫さんには高タンパクではなく低タンパク食が勧められますので、腎障害がないかどうかもしっかり見ていく必要が有ります。

食事は高タンパク低炭水化物の方がインスリン量が減らせる傾向にはありますが、腎疾患やその他の問題があって高タンパク食与えられない場合には、インスリン量を調製すれば良いだけですので、決して心配しないでくださいね!

ボーノくんは、まだ目も開かない子猫のときに今の飼い主さまに保護されました。

当然そのときはすでにお母さん猫はいませんので飼い主さまがミルクをあげて育ちました。

その後も、必ず1日1回は直接フードを口に入れるということをされてきました。

理由は、いつかこの子がなんらかの疾患で給餌しなくてはいけなくなったとき、少しでもストレスが少なく受け入れてくれるように・・・という思いで。

今は糖尿病があるので、インスリンを注射したらぜひとも食べてもらいたいもの。

なのでこうやって給餌してくださっているのです。

とっても上手



そして、糖尿病管理でやはり重要なのが、定期的に血糖値を測定することです

最初にお話ししたように、猫さんの糖尿病の場合、インスリン注射を続けることで、本来自分が出していたインスリンが貯蓄されてきて、少しずつ自分でも出せるようになってきます。

なので、同じ量のインスリンを投与し続けると、効きすぎてしまう可能性があるのです。

糖尿病は確かに毎日インスリンの注射が必要ですし、定期的なモニタリングも必要ですので、飼い主さまには大変な負担もあるかとは思います。

でも、今は色んなことがわかっていますし、

食事の種類、食事の上げ方もその子その子に合った方法があり、インスリンも今はいくつも製剤があります。

最初はそれを見極めるためにとても大変な期間がありますが、でも、どうぞかかりつけの獣医師に不安なことは全部話して一緒に治療されてくださいね

毎日がお互いに穏やかでhappyに過ごせるように。

難しい糖尿病の管理ではありますが、きっとうまく行く方法があると思いますので

ボーノくんのお気に入りの治療場所は押入れの中♪
IMG_0419.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

グリオーマ 脳腫瘍のアビーちゃんー⑤
2017年11月05日 (日) | 編集 |
【発症から85日目、オペ後25日目、抗がん治療1クール目】
今週から抗がん治療スタートしました!

5日連続で経口投与の抗がん剤です。

初日は抗がん剤の取り扱いに飼い主さまもドキドキ!!

でも大好きなサツマイモにくるんだらパクリ

5日間飲み続けたら3週間は休薬です。

そして、4週に1度、5日間連続で抗がん剤投与がこれから続きます

それはずっと・・・・ 命ある限り。

なぜなら、病におかされたアビーちゃんが、少しでも辛くなく、そしてhappyでいられるように。


大好きなご家族との時間がたくさん過ごせるように。
IMG_03a98.jpg

【発症から92日目、オペ後32日目、抗がん治療1クール目】
さて 無事に抗がん治療1クール目が終了しました

今日は抗がん剤による副作用が出ていないか血液検査でチェックです

結果は全く問題ありません

むしろ今まで少し高かった肝臓の値も正常値になり全てパーフェクト

ほっとする瞬間です

おうちでの様子ももちろんいたって元気とのこと。

良かったぁ。

これでしばらくおうちでのんびり過ごそうね!!

次は11月の中旬に2クール目だけど、きっと大丈夫
IMG_03a97.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

シニアライフ
2017年10月26日 (木) | 編集 |
1年半前、重度の肝炎と診断されたもうすぐ12歳のシーズーのミッシェルちゃん。

週に2回の点滴治療が必須です。

週に1回はかかりつけの動物病院で、週に1回は往診で治療を行っています。

何度か点滴の間隔をあけられるか?とトライしましたが、肝機能が悪くなってしまうので、やはり週に2回は必要と判断されています。

この1年半の間、普段はとーーーーーっても元気!

でも忘れた頃に、急激な肝炎に襲われます。

その時はミッシェルちゃんもぐったり。。
IMG_0m778.jpg

数日入院したり、自宅での点滴日数を増やし治療に専念。

そんなことを繰り返しながら今日もミッシェルちゃんはとっても元気

なんでもない時は本当に食欲旺盛で、元気いっぱいで血液データも全く問題ありません。

ミッシェルちゃんは、少しでもシニアライフが楽しいものとなるよう、治療の後はとっても楽しいお稽古の時間が待っています

ミッシェルちゃんは、生まれてから10年間、特に「おすわり」とか「まて!」とか教わったことはありません。

もちろん、教えなくてはいけないわけではありません。

ミッシェルちゃんはご家族との絆がとっても深く、無駄に吠えたり飼い主を困らせたりといった行動は一切ないのです

でも、飼い主さまのご希望で、ミッシェルがいつまでも若々しくいられるように・・・との思いで、治療の後は楽しくレッスン時間を設けています。

大好きなおうちで、大好きな飼い主さまにみてもらって、今日もミッシェルちゃんはがんばっています

シニアになると、頭と体を適度に使うのはとっても良いこと!





これからも素敵な時間が続くようサポートさせてくださいね!
IMG_04m49.jpg

IMG_02m29.jpg

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

グリオーマ 脳腫瘍のアビーちゃんー④
2017年10月22日 (日) | 編集 |
【発症から63日目。オペ5日目】

素晴らしい回復力!!

まだ若干右旋回したりしますが、この旋回も徐々に回復するとのこと。



今日初めて飼い主さまが抱っこしました
IMG_12a55.jpg

この瞬間が最高に嬉しいですよね

お水も自ら飲めます。
IMG_12a54.jpg

経過も順調で、もういつでも退院OKと大学の許可を頂きました。

退院後は大学と連絡を取り合って、当院にバトンタッチで治療をしていきます。

アビーちゃん待ってるよ

【発症から78日目、オペ後18日目】
ついに10日前に無事に退院しました!!

今日までゆっくりご自宅で過ごし、今日は退院後初の往診


とっても元気な姿を見て本当に嬉しいです!!

抜糸もちょっと緊張したけど大好きなママに抱っこしてもらって♪
IMG_028a3.jpg

IMG_02a86.jpg

そして、飼い主さまは来週から始まる抗癌治療に関しての説明をしっかりアビーちゃんと聞いていただいています。
IMG_02a78.jpg

与えられた命は皆同じ。

大切に大切に生きようね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

グリオーマ 脳腫瘍のアビーちゃんー③
2017年10月20日 (金) | 編集 |
その後のアビーちゃんです。

【発症から58日目】
アビーちゃんは、大好きな飼い主さまと1日でも長く一緒に楽しく過ごすために、大学病院での手術をすることになりました。

車に乗って5時間。でもこの時間はアビーちゃんと飼い主さまの旅行の時間。

ドライブをたくさん楽しんで

いっぱいいっぱいお話ししながら。

そしてアビーちゃんは大学病院に入院し、本日無事に手術を乗り切りました!!

IMG_11a73.jpg

目はうつろではあるけれど、飼い主さまとご対面

【発症から60日目、オペ2日目】
飼い主さまの毎日の面会でぐんぐん元気な姿を見せてくれています!

お目目はまだ腫れぼったいけれど、すぐに可愛い顔に戻るね

ご飯も昨夜から少しずつあげ始めましたがもっともっと欲しいと食べたそうだとか[emoji:e-68

動物は境遇を諦めることはあっても、命を諦めることはないのだと感じます。
IMG_11a61.jpg

IMG_11a62.jpg

IMG_1a172.jpg

1つ1つの命は本当に尊い

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com