東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
生きる力 命の尊さ
2017年04月27日 (木) | 編集 |

先日アップした25歳のネコちゃん。
http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-356.html


先週具合が悪いということですぐにお伺いしました

たった数日で顔はげっそり、食事も水も取らず2日。
FullSizeRsender 147

顔を持ち上げることもできず辛そうにしています。。
FullSizeRsender 148

すぐに血液検査をしたら肝臓腎臓が跳ね上がっています

すぐに亡くなってもおかしくない数値

皮下点滴は2日に1回していましたので、この状態では静脈に輸液や薬を流さなければ命をつなぐことはできないとお伝えました。
FullSizeRsender 143

そして、1番大事なこと。

それは「もう25歳だから、何もせずそっとしておく」ではなく、
「25年も生きてくれている。この子の命がある限り、少しでも気持ち悪さ、辛さをとってあげる治療をする、それが結果的に明日につながるかどうかは置いといて」

ケージなんてなくても大丈夫。

お部屋の角を使って即席ハウス。
FullSizesRender 142

トイレと、ベッド、お水を置いてあげる。
FullSizeRsender 149

少しでも快適に過ごせるように。

なんと治療開始3日目

しんくんが自らゴハンを食べ始め、水を飲み始めたのです

昨日の血液検査では振り切っていた肝臓は正常値に戻り、腎臓もやや高いながらもものすごく改善

脱水が改善されお顔ふっくら
FullSizeRsesnder 146

今日はカリカリも食べます
FullSizesRender 145

思わず飼い主さまと涙出るほど喜びました。

お部屋もヴァージョンアップし、見ている私たちにも思わず笑顔
FullSizeRsender 144

何度も見せてくれる命の奇跡。命の尊さ。

生きるために生まれてきたことを教えてくれます。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

爪が肉球に刺さってしまいました!
2017年04月24日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

11歳の猫、みらんちゃんです。アメリカンショートヘアーとスコティッシュのmixさんです。

『床を歩く時にかつかつ音がするのと、床に血が付いていた』とご連絡いただきました。

性格をお聞きするとおっとりおばあちゃんとのこと。

なるほどそれは巻き爪になっている可能性が高いと判断しすぐにお伺いしました。

初めて会うみらんちゃん。 そばに行ってもチラッとこちらを確認してまたまた日向ぼっこ。
IMG_42m52-1.jpg

そーーーっと手を差し出してみました。
IMG_42m56.jpg

この時の目の動きでだいたい性格がわかります。

みらんちゃんは、手の匂いをくんくんと2回くらい嗅いだら、長〜い瞬きをしながらゆっくりと顔を背けます。

こういう行動を取る場合、「何か用事?私は関係ないから、お好きなように、でも私は関係ないからね」そんな風に言っているように私は感じます。

なのでそういう時は、「寝ている時に触って申し訳ないです。ごめんね」と言いながら触ります。この方が最初がスムーズ(笑)
IMG_42m55.jpg


さて、早速爪を確認しました。

やっぱり(><)

爪が数本思いっきり肉球に刺さっています。
IMG_43m25.jpg


猫さんの爪は巻きながら伸びるので、長くなりすぎると自分の肉球に刺さってしまうんです。

でもこれは決して飼い主さまが悪いわけではありません。

若い頃は猫たちは自分で爪研ぎしたり、キャットタワーに登ったりと爪が長くなりすぎる前に自分で調整しています。

なので、若い頃は爪が刺さることが少ないのです。

ところがシニアになると、自らのグルーミングが減ったり、爪研ぎもしなくなったり、あまり高いところにも登ったりしなくなります。

そうすると飼い主さまが気づかない間に爪が伸びすぎてしまうことがあるのです。

みらんちゃん、かなり深く突き刺さっています。

ニッパーを用いて爪をカットし、刺さった爪を抜きました。
IMG_43m26-1.jpg


肉球には穴がぽっかり  出血もかなりしましたので、圧迫し薬を塗り、他の爪も全てカットしました。

処置を終えたみらんちゃん。すぐに逃げないのを確認しホッとしました(^^)
IMG_42m74.jpg


翌日、出血もなく腫れもなく経過良好

「爪切り」
私たち病院側にとっては日常の処置でも、中にはうまくきることができない飼い主さまもいらっしゃいます。

小さなことでもどうぞお気軽にご相談くださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com







脾臓に腫瘤
2017年04月16日 (日) | 編集 |
14歳のパピヨンのフランちゃん。


定期的な血液検査では腎臓も肝臓も全てパーフェクト

本人もとっても元気です

でも、シニアではあるので、時々体調を崩すことも。

寒い日の次の日、気圧の変化、そういった日々のちょっとした変化を体は感じてしまいます。

すっかり耳も遠くなり、往診に伺ってもぐっすり
IMG_39f30.jpg

起こすのが申し訳なく思ってしまいます

実はフランちゃんは脾臓に腫瘤があります

以前、たまたま健康診断でエコーを当てた時に偶然見つかりました
FullSizffeRender 112

脾臓に腫瘤・・・とてもびっくりされますよね(><)

脾臓の腫瘤には2/3の法則というものがあります。

つまり、脾臓に何か腫瘤ができた場合、その2/3が悪性で、その2/3が血管肉腫という腫瘍だという法則です。

ですが、最近では少しデーターが異なり、確かに脾臓には血管肉腫という悪性腫瘍が多発するのですが、同じだけ、結節性過形成という良性のものができます

もちろん、摘出して病理検査で確認しなければ確定診断はできないのですが、すべての腫瘤を摘出するということが良いわけでもないので獣医師の判断が必要となります。

ある程度の判断基準として、脾臓よりも外にその腫瘤がせり出しているのか、それとも脾臓内に収まっているのかも判断の指標としています。

エコーでの見え方(色の度合い)も判断の指標となります。

そしてもう一つ大事なこと。

犬種的背景です。

例えば、悪性腫瘍である血管肉腫の好発犬種は、ゴールデンレトリーバー→Mダックス→ラブラドール→MIX→Mシュナとなっています。

そして良性の結節性過形成は、シーズー→Mダックス→MIX→ゴールデンレトリバー→コーギー→チワワとなっています。

ここから言えることは、Mシュナウザーの脾臓に腫瘤を発見したら悪性腫瘤かも?と予測し、シーズーの脾臓に腫瘤を発見したらおそらく過形成かな?と予測することもとても大事なことです。

さて、フランちゃん、脾臓内に白く映る腫瘤を発見しました。
IMG_4f048.jpg

エコーの見え方から、おそらく「骨髄脂肪腫」と言われる良性の結節と判断しました。
IMG_40f49.jpg

もちろん、良性であっても、血腫化するリスクはいつでもあるので、全く問題ないとは言えませんが。

この骨髄脂肪腫は特徴的な見え方をするので、ある程度エコーで判断します。

もちろん、確定診断をつけることも大事なのですが、今までのフランちゃんの病歴や年齢、今の状態を含め経過観察を希望されました。

この結節に関しては、経過見でも良いと判断し、今は定期的にエコーで確認をしています。

今回のように、血液検査では全くパーフェクトでもエコー検査で異常が見つかることも本当に多いです。

そして、早期発見することで、より良い治療の選択ができます。

今日は1ヶ月ぶりに再チェックしましたが大きさも変化することなく問題なさそうです
FullSizeRender 113


フランちゃん、ちょっと体重過多だったのですが、数ヶ月かけて体重も落とし、今は本当に軽やかに毎日お散歩します。

耳はすっかり遠くなりましたが、でもまだまだ元気。

これからもずーーーっとサポートさせてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com


ちょっとあばれちゃう子のオーラルケアー
2017年04月13日 (木) | 編集 |
先日の往診症例です

生後6ヶ月のトイプードルの男の子。

飼い主さまからこんな連絡をいただきました

「歯磨きしようとするとバタバタしちゃって!」
「すぐに手が出てきてやりにくいんです」


他のわんちゃんでもこんな風にご相談いただくことはとても多いです。

この子はまだパピー。素直さいっぱい、楽しいこといっぱい、嫌なことはやりたくなーーーい

そんな時期ですよね

さて、この時期は、『私たち飼い主がやると言ったことはやります!!』そんなことをしっかり教える大切な時期。

ここで「過度な自由」を経験した子たちはその後なかなか吠えが治まらなかったり、嫌なことは嫌と主張するようになりやすいです。

さて ご自宅に早速伺ってきました

一番大切なのは飼い主さまの強い気持ち。「さぁ!やりましょう!!」そしてスムーズにおこなうこと。

とはいえ、手で抵抗することを覚えてしまった子はなかなかうまくいきません。

そんな時はぜひ一度この方法を試してみてください

まずは、バスタオルを準備。

足の上に左右の長さを変えて敷きます。
IMG_38h74 2

次に、わんちゃんをサクッと仰向けにして、タオルの上に寝かせます。
IMG_387h5 2


短い方のタオルを犬の体の下に巻き入れます。
IMG_38h76 2


長い方を上から巻き、端を自分の足の下に巻き入れます。
IMG_38h77 2


見た目は「きつそう!?」「苦しそう!?」って思われるかもしれませんが、ぜーーんぜん
IMG_38h78 2


人間の赤ちゃんのおくるみのような感覚でしょうか?うっとりしちゃう子が多いんですよ
IMG_387h9 2


ご自宅で飼い主さまの目の前で行うから飼い主さまも「ほんとだぁー!」ってびっくりされます(^^)
IMG_38h80 2

コツはタオルに巻く時サクサクやること

これが一番のポイント。ドキドキしながらやると犬たちもドキドキ。

もしうまくいかない時はいつでもご相談ください

飼い主さまから、「できたーーー!すごーい!昨日から毎日ぐるぐる巻きにして歯を磨いてます♪」

よかっです(^-^)/


大事な歯、気持ちよく楽しく磨けますように
IMG_388h1 2


IMG_388h2 2

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

もうすぐ25歳だよ!
2017年04月10日 (月) | 編集 |
春は窓から桜を愛でて、夏は新緑を浴びる。秋は落ち葉の舞を見て、冬は雪がふわふわ落ちてくるのをここから眺める。
FullSizeRensder-62.jpg

でも気付くと寝ちゃってるんだ
FullSizeResnder-56.jpg


腎臓も肝臓も甲状腺も良くはないけれど、僕の飼い主は「しんはいつもお利口だねー」って褒めてくれるよ

大好物はおいしいモンプチ

厚揚げもかぼちゃも大好き。時々ちょこっともらうんだ。
FullSizeRssender-60.jpg


今日は点滴。

チクっとされるのはあまり好きじゃないけど、でもおいしいモンプチのためにがんばるぞ
IMG_379s6-1.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com