FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
犬のいびきは病気かも? 
2019年07月04日 (木) | 編集 |
さて! もう一つ先日Webマガジンに載せた記事を。

愛犬の『いびき』についてです😴💤

皆様の愛犬のなかには、キャンキャン寝言を言ってみたり、夢をみながら手足をばたつかせてみたり、時にはぐーぐー人間のようないびきをかきながら寝ている子もいると思います。
(ナッツはいびきは殆どかきませんが、寝言はすごいです!(◎_◎;))
IMG_86n75.jpg


そんな姿はとっても愛らしく思わずほっこりしてしまいますよね。

今日は愛犬たちの「いびき」に関して取り上げてみたいと思います。

そもそも、いびきって何なんでしょうか?

いびきとは睡眠時の呼吸に伴う雑音のことです。

睡眠中は喉の周辺の筋肉を含む全身の筋肉が緩むことにより、起きている時よりもさらに気道が狭くなり、空気の抵抗が強くなります。

そこに空気が通ると周囲の組織、粘膜が振動して「音」としていびきが発生します。

なので、どの子でもあっても睡眠時にいびきをかくことは問題ではありません。

また、犬種の中には他の犬種と比較して大きないびきをかく子達もいます。

フレンチブルドッグやパグ、ボストンテリア、シーズーといった、いわゆるお鼻が短い“短頭種”です。
IMG_756n5.jpg


短頭種は他の犬種と比較すると鼻の穴が狭い、いわゆる狭窄性外鼻孔であったり、喉の奥にあるヒダ状の軟口蓋といわれるものが通常よりも長く、空気の抵抗がより一層生じやすく、起きている時は呼吸音、寝ているときはいびき音として正常でも確認されます。

しかしこれらは遺伝的、解剖学的素因により若いうちから発生し、慢性経過をたどりながら徐々に悪化していくので、年齢とともに呼吸音、いびき音は増大するかもしれません。
IMG_72n63.jpg


では、病的ないびきってあるのでしょうか?

先ほども述べたように、正常でもいびきは睡眠時の筋肉の緩みから空気の抵抗が音として聴取されるので基本的には問題ありません。

しかし、昔と比べていびきが大きくなったとか、急にいびきをかくようになった、起きているときもいびきのような音がするようになった、などは、呼吸器で空気の抵抗が増大していることを意味しており、重篤な疾患の始まりの可能性があります

そのように感じられた場合には一度かかりつけで相談なさってくださいね

いびきが増大する病気には以下のようなものがあります。

【肥満】
犬が肥満になると、喉周辺の脂肪が増大するため、正常よりも気道が狭くなり空気の抵抗が大きくなりいびきも増大する可能性があります。
当然呼吸器にも体にも負担がかかってくることなので愛犬の体重はしっかり管理してあげてくださいね。
体重を適正に保つことでいびきが解消され呼吸がより楽になるかもしれません。

【アレルギー性疾患や鼻炎、喘息など】
何らかのアレルギー反応が起こると、喉周辺や気道の粘膜が炎症、浮腫を起こし通常よりも狭くなります。

その結果呼吸時に空気の抵抗が強くなり、いびき音も増大する可能性があります。

咳やくしゃみ、鼻汁を伴っていたり、皮膚の慢性的な痒みや慢性的な軟便を呈している子はなんらかのアレルギーがあるかもしれませんので一度病院で診てもらってくださいね。

【口腔内腫瘍、鼻腔内腫瘍】
口腔内や舌の根元、鼻腔内に腫瘍が発生すると、腫瘍が喉や気道周辺を圧迫し呼吸への抵抗が生じ、いびき音が増大する可能性があります。

起きている時でも呼吸音の増大が認められることもあるかもしれません。

鼻汁が増えた、口や鼻からの出血がある、顔がやや不対称に腫大する、くしゃみが増える、などが認められた場合病院で受診なさってくださいね。
IMG_594n8.jpg


愛犬たちのいびきはとてもかわいいものですが、ときに疾患の始まりの可能性がありますので、何か心配なことがあればぜひかかりつけで相談なさってくださいね。

その際は、動画で愛犬のいびきの様子を撮影していくことをオススメします

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

水頭症
2017年09月11日 (月) | 編集 |
先日、私が監修させていただいている、フレンチブルドッグのwebサイトで水頭症について記載させていただきましたのでこちらにも

トイプードルを診療する機会が一番多いかな?とは感じますが、チワワさんも関東ではとても人気の犬種です。

チワワのほか、フレンチブルドッグやボストンテリアといった頭の大きい犬種の飼い主さまが心配される病気の一つとして「水頭症」があるかと思います

我が子は水頭症は大丈夫かな!?

そんな心配をされる方もいらっしゃると思います。


水頭症の原因は、脳脊髄液が過剰に脳内(正確には脳室内またはくも膜下腔)に貯留することにより、頭部の内圧が上昇し神経などが圧迫されることにより症状が出ます

先天的に脳の奇形などにより脳脊髄液の吸収不全や循環障害などにより起きる先天性水頭症と、脳腫瘍や脳炎などが原因で二次的に発生する後天性水頭症があります。

症状の主体は脳脊髄液の過剰蓄積による脳の圧迫によるものです

一般的に先天性の水頭症は、1歳齢以下(特に生後6ヶ月齢以下)で意識障害や行動異常、急に怒る、発作、パニック、視覚障害、起立困難、四肢麻痺、発育障害などが認められます。

チワワさんだと、「急にパニック様になって怒る」というのは生後数ヶ月で見られることがあります。

合わせて、外観の異常として、横に大きく広がった頭、両目の斜視、泉門の開存などが見受けられます。

ただし、臨床症状を呈さない無症候性水頭症も存在します。

水頭症の診断は超音波検査、MRI検査、治療への反応から総合判断します。

水頭症は診断が難しく、脳室の拡大があるからといって水頭症と診断はできません

また、脳室の拡大があり、かつ、行動異常や神経症状などがあっても水頭症ではない場合もあります。

水頭症と症状も発症時期も似ているのが、頭部と頚部をつなぐ箇所での奇形(後頭環軸椎関節奇形)や脊髄空洞症といった疾患であり、鑑別が非常に難しいです。

また、これらは水頭症と併発していることもあり、正確な診断にはMRI検査が必須となります。

超音波検査は、泉門が開存している症例では、脳室の拡大や頭蓋内圧の亢進をある程度推測することが可能です。

まとめると、外観的に頭が大きく、斜視があり、かつ、行動異常や神経学的な異常が認められ、超音波検査で脳圧亢進と脳室拡大が認められ、MRIで後天性水頭症(腫瘍や脳炎など)やその他の先天的奇形の除外・診断を行い、脳室拡大を確認することが必要となります。


先天性水頭症の治療は,できるだけ早期の外科手術が望まれます

脳室に過剰に蓄積する脳脊髄液を、チューブを介して腹腔内に流れるようにする手術です。

常に脳圧が上がらないようにすることで神経的な症状や脳のダメージも起こさないようにすることが可能です。

とは言え、100%の手術ではなく、 チューブが詰まったり、体が異物反応を起こしたり、チューブが外れてしまったりと再手術が必要になるケースもあります

また、脳外科でもあるので、大学病院や専門病院でしか行うことができません。

内科療法は、あくまで対症療法となります。

脳圧を下げる薬や脳脊髄液の産生を抑制する薬などを使用します。

発作が起きる場合には抗てんかん薬なども併用し管理していきます

しかし、内科療法では一般状態が良好に維持できないと判断した場合には外科手術も積極的に考慮する必要があります。

水頭症の予防というのは難しいのですが、子犬の場合には、頭が広すぎないか、目は斜視ではないか、歩き方、動き方は正常か、また急に怒りっぽくないかをしっかりと確認し犬を迎えることも大切です。

また、お家に来て何らかの異常を認めるようであれば、かかりつけで受診なさってくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



膝蓋骨脱臼
2017年09月04日 (月) | 編集 |
往診症例です

「歩いていたら急に足をケンケンした」「ジャンプしたあとキャンと言ってそのまま震えている」「病院で膝が悪いですよと言われた」

小型~中型犬の多くで膝蓋骨が日常的に左右に脱臼を繰り返している子たちがいます。

膝蓋骨脱臼は、事故などのアクシデントなどにより外傷性に発生することもありますが、もともと遺伝的・先天的に膝蓋骨の収まる大腿骨の溝が浅く形成不全であることが多いです。

本来は膝蓋骨は太ももの場所である大腿骨の先端の溝の中(滑車内)に挟まり、左右にずれることはありません。

しかしながら、関節の形成異常や、筋肉の動きに微妙なズレが生じると、膝の屈伸運動の際に膝蓋骨が脱臼することがあります。

症状としては、犬たちがケンケンしたり、痛みを訴えることもありますが、飼い主さまから見て無症状であることがとても多いのでなかなか気付かれず、かかりつけの病院で初めて指摘される方も多いかもしれません

実は脱臼そのものは犬たちにあまり痛みを感じさせません。

しかし、脱臼を繰り返すごとに軟骨が損傷し、骨関節炎が起こり、また、支えている靭帯の損傷も起こることで痛みを生じます

重度になれば膝を伸ばすことができなくなります

膝蓋骨脱臼の診断は、一般的に獣医師による膝の触診となります。

レントゲンを撮影することで、膝の脱臼を目視で確認することもできます

また、触診の状態から4段階のグレードに分類する方法も用いられています。

グレード1膝を伸ばした時に徒手にて膝蓋骨を滑車溝から脱臼させることができるが、指を離すとすぐに滑車溝に戻る。

グレード2膝を伸ばした時に徒手にて膝蓋骨を容易に脱臼させることができるが、指を離してもすぐには滑車溝に戻らない。後肢を内転・外転させると容易に膝蓋骨を脱臼・整復できる場合が多い。

グレード3膝蓋骨は常に脱臼しており、徒手にて整復が可能であるが、指を離すとすぐにまた脱臼してしまう。

グレード4膝蓋骨は常に脱臼しており、徒手にて滑車構内に整復するのが不可能である。脛骨のねじれなど、骨格に形態学的な異常の認められる場合がある。重症例では膝関節の伸展機構が破綻しており、膝関節を自力で伸展することができない。


ただし、症状とグレードは一致しなことも多く、グレード1であっても痛みが強い子もいれば、グレード4でも痛みを訴えない子もいます。

膝蓋骨は、前述の通り滑車溝を行ったり来たりすることで軟骨が磨り減り痛みを生じることもありますし、膝蓋骨を支えている靭帯が損傷を受け痛みが生じることがあります。

激しい痛みを訴えている場合には、靭帯での炎症・損傷が強い可能性もあります。


膝蓋骨脱臼の治療法には内科的と外科的な治療法があります。

内科的治療は保存療法とも言われ、痛みや炎症がある時に消炎鎮痛剤を用いたり、後肢の筋肉を強化するリハビリテーションなどを行うことで脱臼のリスクを減らします。

外科的治療は、手術で膝蓋骨をあるべき場所に整復します。骨を削ったり、時に大腿骨を短くして靭帯のテンションを緩めるようなことも行われたりします。

術式は専門家の間でも様々です。

ただし、もともと不安定なものを安定化させる手術なので、ときに、再脱臼を起こしてしまうこともあります

症状がない、もしくは気づきにくいこともあり、どの状態で手術をすべきかは獣医師によっても意見が分かれるところです。

実際にはグレード1という一番軽度の状態であれ、すでに骨の炎症、すり減りが起きていることがわかっていますが、痛みやその他の症状が全くなければ、経過観察とする場合が多いのかもしれません。

グレード4はグレード1〜3とは病態が全く異なり、骨の変形を伴ったり、膝を伸ばすことができずに不自然な歩き方になってしまうため、手術の適応となります。

この子はまだ1歳未満のトイプードルさん。
IMG_8n425.jpg

座り方、歩き方が極端に異常を呈し、少しでも早く歩くと膝を曲げられないため、スキップしたようになってしまいます。


両側のグレード4という状態です。

YPC東京動物整形外科病院にて、詳細な検査を行い、膝蓋骨脱臼により骨の変形が起きてきていることから手術をした方が良いという結論になりました。
YPC東京動物整形外科病院 http://www.yamaguchi-pc.com/index.html

もちろん、両側の手術に加え、入院、そして術後の安静などは想像以上大変なものがあります。

何度も何度も飼い主さまと話し合い、最良の方法を考え、昨年末両側の膝蓋骨脱臼の整復手術を行いました

あれから半年、今はしっかりと両足使って歩くことができます!!

軽いジャンプや軽い速足などもまったく問題ありません。

まだまだ経過観察中ですが状態は非常に良好です
IMG_40n19.jpg


膝蓋骨脱臼は一般の飼い主さまには発見が難しい場合が多いので、定期的に動物病院で健診を受けられることをお勧めいたします。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

肥満細胞腫
2017年03月31日 (金) | 編集 |
先日フレンチブルッドグのwebサイトに掲載させていただいた記事、「肥満細胞腫

フレンチブルドッグ、ボストン、ボクサーなどのブルドッグ由来犬種に多発するのですが、もちろん全ての犬種、全ての猫に多発する腫瘍ですので、こちらにもアップさせていただきますね

愛しい我が子の皮膚に何かポツッとできものがある

そんな経験をされたことがある方も多いかもしれません。

皮膚にできもの、日常の診療でもとても多いです。


皮膚感染症の一過性の湿疹(ニキビのようなもの)のこともあれば、放っておいても小さくなるような良性の腫瘍もあれば、当然悪性の腫瘍ができることも。

肥満細胞腫は皮膚腫瘍の中でもとっても発生率が高いです。

《症状》
体を撫でていたら、何かポツっと指先に触るものがある。
よく見たら、何かできものがある。

《原因》
体表にできる「できもの」はある程度年齢や、見た目、もしくはその周囲の皮膚状態からそれが何であるのかを推測できることもあります。

しかし、それはあくまで「推測」

犬の体表面にできる皮膚腫瘍の中で最も発生率が高いとされるのが「肥満細胞腫」です。

肥満細胞腫はそのできものの見た目がとってもバライエティに富んでいます。

つるんとした外観のものもあれば、毛がはえているもの、一つだけできるものもあれば、複数個できるもの、柔らかいものあれば、硬いものも。
外観上、すべての腫瘍に似ているのです

なので、見た目で「肥満細胞腫っぽい」とも「肥満細胞腫ではなさそう」とも言いにくい腫瘍です。

一般的にはシニア犬で発生しますが、6ヶ月齢の子犬でも発生することはあります。

そして、肥満細胞腫は悪性度の高いものから低いものまで様々です。

何年もかけて緩やかに成長するものあれば、一気に大きくなりリンパ節に転移するものもあります。

リンパ節に転移した肥満細胞腫は、肝臓や脾臓に病巣を作り、全身に広がります

肥満細胞腫は、組織学的に悪性度を判定することができるのですが、フレンチブルを含めたブルドッグ由来の犬種は、他の犬種と比較すると悪性度が低いものであることの方が多いです。

《診断・治療》
肥満細胞腫は一般的に針生検で診断可能です。とても特徴的な細胞なのです。

針生検は特に麻酔も必要ないですし、一瞬チクっとはするかもしれませんが、一瞬で検査可能です。

中には判断が難しく、鎮静下で組織を一部生検する必要があることもあります。

何れにしても、肥満細胞腫は怖い腫瘍であることは間違いないので、「見守る」のではなく、時に積極的に診断することも必要です。

治療としては、外科的に切除することが一般的。

悪性度にもよりますが、放射線や抗がん治療が必要となることもあります。

《予防》
犬たちは皮膚表面が毛で覆われているため、できものを見つけにくいのも事実。
常に我が子の体をさわり、何かできていれば、かかりつけの病院で受診されてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

誤飲・誤食
2017年02月21日 (火) | 編集 |
病気辞典を担当させて頂いている「フレンブルドッグライフ」の編集者の方から、「誤飲誤食に関しての記事」のリクエストをいただきました
フレンチブルドッグライフhttps://frenchbulldog.life

「たった今目の前でおもちゃを飲み込んじゃった!」

「気づいたらビニールガジガジしていて、半分くらい食べちゃった!」


そんなご連絡は当院によくあります(^^)』

誤飲による病院での受診は実はとても多いんです。

アニコム損害保険株式会社さんの調査によると、2014年の1年間での誤飲件数は、
犬種でいうと1位ボストンテリア、2位バーニーズ、3位はキャバリア、4位はジャックラッセル、5位がラブラドール、6位がフレンチブルドッグとなっています。
記事http://www.anicom-sompo.co.jp/company/news/news_0161130.html

都内では犬種的な背景から、トイプードルやフレンチブル、ダックスの誤飲を診察することが多いです。

また、圧倒的に、0歳から1歳の若い子に多いです。

さて、誤飲・誤食、目の前で飲んじゃった!そのときやるべき行動は

すぐに病院に連絡を!

今はもうやる方は殆どいらっしゃらないとは思いますが、決して「塩」を食べさせてはいけません。
「オキシドール」を飲ませてはいけません。


確かに、昔は食塩やオキシドールを飲ませて吐かせることもありました。

でも今は多くのことがわかるようになり、塩やオキシドールを飲ませた場合の体に及ぼす損傷・影響はとても大きなもの。決してやってはいけません

ですので、目の前で何かを飲み込んでしまった場合はとにかく病院へ連絡をしてくださいね

さて、目の前で飲み込んだ場合は、飼い主さまもすぐに次の行動に移せるとは思いますが、こんな症状も実は誤飲誤食だったりします。

「うちの子は朝によく胃液を吐く」インターネットで調べたら、「空腹時嘔吐」ってあるからきっとそうゴハンをもっと頻回にあげよう
ゴハンを頻回にあげたら確かにあまり吐かなくなったかも!時々は吐くけど!


実はこれ・・・胃内に異物がある可能性があります。

以前、朝に時々吐く、でも食欲元気はいっぱい、排便も良好!
しかし内視鏡をいれてみたら、数ヶ月前に飲み込んだと思われる、ぬいぐるみが二つも出てきました!!

ぬいぐるみやおもちゃなどの異物が胃の中でころころしている場合、食事を食べて胃が膨れていると特に違和感を感じませんが、時間がたち、食事だけが腸の方に消化されていくと、胃の中には異物だけが残り、胃を刺激し吐き気が出ます。

他にもこんなケースがありました。

3ヶ月に及ぶ慢性嘔吐。レントゲンで胃内にくっきり映る異物。
内視鏡を入れてみたところ金属片が胃に張り付いており、その部分で炎症が起き、時間帯にかかわらず吐き気を起こしていました。

異物自体は小さなものでしたが、金属片などは溶解し胃に張り付き重度の炎症を起こすことがあります。

時々吐くけど、食欲も元気もあり、排便も良好。一般的に飼い主さまには「危険!異常!」とどうしても映りにくくなります。

『うちの子は吐きやすいから』と言われる事がありますが、確かに犬は人よりは吐きやすい動物です。

でも、度々吐くというのはどこかに異常が隠れている可能性があります。

私たち獣医師は、吐かせるケース、経過を見るケース、内視鏡をするケース、開腹手術をするケースを必ず分けて考えています。

なので、もし我が子が何かを食べてしまった!もしくは、よく吐く!そんな時は、まずはかかりつけ医にご相談くださいね。

さて、そもそもどうして異物の誤飲や拾い食いが多いのでしょう?
犬はとても嗅覚が優れています。フレンチブルドッグは鼻の長い犬種と比較すると確かに嗅覚は劣りますが、それでも私たちよりもはるかに素晴らしい嗅覚を持っています。

犬は、興味がある物に対して、「近づいて匂いを嗅ぐ」という習性があります。
犬は、目の前のそれが「なにか?」を理解する為に嗅覚を使っています。でも、私たち飼い主は、犬が落ちているたばこや食べ物に興味を持って臭いをかぎに行ったとしたら、食べたら大変!と思って、あわててリードをひっぱったり、大きな声で注意したりしてしまいがちです。
そんな私たちの行動こそが、ますます犬たちの好奇心を刺激し、落ちているものを何でも口に入れる習慣へとつなげてしまうのです。

犬にとって臭いを嗅ぎ、興味を持つという事は当然の行動です 。

であれば、口に入れたものを飼い主さまの指示で「出す」ということを日頃から楽しく犬たちに教えておくことはとても重要です。

そして、圧倒的に若い子で多い誤飲誤食。一緒に暮らす家族だから、床に何か落ちていないか、食べて危険なものはないか?しっかりお家や散歩コースを確認してあげてくださいね
IMG_0353 2


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com