東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
検診キャンペーン
2012年01月11日 (水) | 編集 |
2012年1月11日

検診キャンペーン

今日は1月11日、ワンワンデーですね
来月2月22日はにゃんにゃん

お正月も終わり、ちょうど体調を崩しやすいこの頃、わんちゃん、ネコちゃんの健康状態をチェックしませんか?

通常よりもお得に検査できます。

①全身のスクリーニング血液検査(15項目)

②全身のスクリーニング血液検査(15項目)T4(甲状腺ホルモン)がセット




わんちゃんやネコちゃんは私たちにどこが悪いとか、どう辛いとか、伝えることはとても難しいです。
早期に異常を見つけてあげることは、治療をする上でもとても重要なことです。

血液検査15項目では、腎機能や肝機能、電解質や血中コレステロールなどを測定します。

T4とは、甲状腺で産生・分泌されるホルモンです。

このホルモンが少なすぎたり多すぎたりすることで、様々な異常を起こしてきます。
(甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症)

甲状腺ホルモンは、もともと代謝を担っているホルモンであり、エネルギーの代謝、ビタミンの代謝、皮膚の代謝・・・などなど。

わんちゃんは、このホルモンが欠乏することがあり、運動をしたがらなくなったり、肥満傾向になったり、また、皮膚炎が起きやすくなったり、毛が抜けやすくなったりします。
 
2-6歳齢に多く、性差はありません。

原因の多くは、甲状腺の萎縮によるものです。

一方、ネコちゃんでは、このホルモンが過剰に分泌されることがあり、
食欲が増進し、その割には痩せて行く、また、飲水量が増加する、性格が活発あるいは攻撃的になる・・・などなど。

6-20歳の中高齢のネコちゃんに多く、性差はありません。
原因の多くは甲状腺の過形成や甲状腺腫瘍によるものです。

血液検査でT4の値を測定することで、体にとってT4が適応量かどうかをチェックすることができます。

もし、甲状腺機能低下症、または亢進症と診断された場合には、飲み薬で治療が可能です。

キャンペーンは1月~5月までです。

個別の料金に関しましては、法律でも費用についてのお知らせをすることは禁止されていますので、何なりとお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com