東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
慢性膀胱炎
2013年10月31日 (木) | 編集 |
おうちのワンちゃんネコちゃんで膀胱炎を経験された事がある方はいらっしゃいますか?

意外といらっしゃるんじゃないでしょうか?

一般的に膀胱炎になりますと、以下のような症状が見られます

・何度もトイレに行くのだけど、チョロっとしか出ていない(頻尿)
・排尿時、痛みで、キャン!とかニャー!とか鳴く。
・尿の色が濃い、やや赤い(血尿)
・陰部もしくは陰茎の先をしきりに気にして舐める。
・食欲がない。
・・・・・などです

膀胱炎は細菌感染や、結石、内臓疾患など様々な原因で起こるのですが、何であれしっかりと治療をすることが重要です


今日は、そんな膀胱炎が短期間に再発する、もしくは治療したのになかなか治らない、と言ったような
慢性膀胱炎;難治性下部尿路感染症についてお話し致します。

慢性膀胱炎にも色々な原因が考えられます。

例えば、
膀胱は腎臓やその他の臓器とも繋がっているので、膀胱だけでの感染ではなく、腎臓や前立腺や膣などに感染の大元がある場合もあります。

もしくは、免疫低下を起こすような基礎疾患(例えば、糖尿病や腎不全など)があって、感染を常に起こしやすいなど。

もしくは、最初に使用した抗生剤の選択、用量、使用期間が適切でなかったなど。

慢性膀胱炎の治療としては、上記にあげた原因についてしっかり検査はもちろん、そして、適切な抗菌剤を約1ヶ月から1ヶ月半という長期間投与する必要があります

もちろん、毎週尿検査行い、効果があるかをチェック致します

膀胱炎って本当に辛いです

私も一度経験したことがありますが、痛いし、排尿したいのに出ない、という本当に辛かったです。。

また、手術で慢性膀胱炎のワンちゃんやネコちゃんの膀胱を見たことがありますが、膀胱自体が分厚くなり、色も悪く、だるんだるんになります

膀胱炎はしっかりと治療されることをお勧めします

近年、人の方では、繰り返す膀胱炎の予防として、クランベリーのサプリメントが注目されています。クランベリーには、抗酸化作用や殺菌作用があるといわれ、細菌感染により引き起こされる膀胱炎や尿路感染症の予防に効果があるとされています。
尿を酸性に保つ効果があるようです。

まだまだワンちゃんやネコちゃんで「効果がある!!」としっかりとしたデータがあるわけではないのですが、今後効果が期待できるのでは?と注目されています

ワンちゃんネコちゃんの膀胱炎のクランベリーサプリメントとしてウロアクトというものがあります。
製品情報 http://www.zenoaq.jp/product/pd21125.html

ウロアクト


ご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com