東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
50kgのアトムくん。高熱です。
2016年01月31日 (日) | 編集 |
17歳のゴールデンレトリーバーのアトムくん。

小さいときから福島県で育ちました。

2011年の3月11日、東日本大震災に遭遇

今はご家族で関東に避難し、週末になると福島県のおうちに戻る日々を過ごしています

週に1回福島でトリミングサロンに通い、キレイに愛情たっぷりで可愛がられています。

そんなアトムくん、3日前に、急に立てないと言うことでご連絡いただきました

すぐに伺ってみると、アトムくん意識もうろう、呼びかけにも反応しません。。
FullSizeRender atom48


熱を測ってみると40度以上かなりの高熱です

すぐに血液検査を行い全身をチェック。

肺炎を疑い、直ちに輸液開始。

抗生剤の注射や呼吸を楽にする注射など、行いました

意識が殆どないので、状態は非常に危険です

アトムくん、なんと体重50キロ。 対位を変えるのも大人二人で必死です

でも、床ずれはあっという間にできるので、とにかくアトムくんが横たわる床をふわふわにし、頭の位置など細かく調整していきます。

アトムくん。。 祈るような思いでおうちを後にしました。

翌日、少し呼吸が楽になり、意識が回復しました
FullSizeRender atom47


頭を自分で持ち上げることができます

とてもキレイ好きなアトムくん、あまりおしっこをしていないようです。

体重も50キロあるので2日寝たきりになるだけで、あっという間に立てなくなります。

バスタオルを用いてなんとか立たせると、おしっこをしてくれました。
FullSizeRender atom46



熱は39度に下がりましたが、まだまだ状態は良くありません。

そして昨日、パン粥を少し食べたということで、食べられるものは積極的にあげていただくようお伝えしました

同じ体勢だと体が圧迫されます。 私たちも正座を続けると足が痺れるように

なんとか立たせておしっこに。
IMG_5612atom.jpg


今日もまだ呼吸は苦しそう。

熱は38.7度まで下がりました。

高栄養のゴハンを手のひらに乗せると少し食べてくれました

アトムくん、みんな祈ってるからね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com