東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
熱中症
2017年06月17日 (土) | 編集 |
6月に入り気温も湿度も急にあがり、1年で1番「熱中症」に関して気にかけなくてはいけない時期かもしれません

熱中症とは、高温環境に体がさらされた場合におこる身体の様々な障害の総称です。

熱中症を引き起こすには大きく分けて3つの要因があります。

「環境」「からだ」「行動」です。

【環境要因】
犬たちは自分たちでその暑い環境、多湿な環境を回避できないことが多いです。

逃げ場のない車内や、室内、クレート

また、真夏に関しては昼夜通しての散歩の危険性があります。

都心部の地面のほとんどは、アスファルトの道路や、コンクリートでできた建物に覆われています。アスファルトやコンクリートは熱をため込み、なかなか冷めません。

地面に近いこところにいる犬たちにとって、日が落ちても昼間にため込んだ熱の照り返しによりあっという間にサウナ状態です

【からだ(身体的)要因】
犬種や疾患、年齢などその子その子により暑い環境に体が十分に対応できないことです。

フレブルやパグ、シーズーなどの短頭種は他の犬種と比較すると、軟口蓋過長症など短頭種特有の疾患により呼吸をスムーズに行うことができないケースがあります。

また、一生懸命呼吸することで、さらに軟口蓋が腫れ、呼吸状態の悪化を招きます。

また、気管虚脱や心疾患など呼吸器や循環器に疾患を持っている子たちも熱中症へのリスクが高くなります。

子犬やシニア犬は体温調節機構がうまく働かず、成犬と比較すると熱中症へのリスクが高くなります。

その他、肥満の子たちもリスクが高まります。

【行動要因】
もともとテンションが高く興奮しやすい子は自分を抑えられなくなることがあります。

自らヒートアップしてすることで、それほど周囲が暑くなくても興奮により熱産生が起こり熱中症になってしまうことも。

落ち着くことを教えておくこともとても重要です。



このように様々な要因が重なり体温の上昇と調整機能のバランスが崩れ、どんどん身体に熱が溜まってしまい熱中症を引き起こします

40℃を超える熱が続くと、身体中の細胞や酵素、神経が障害を受け、それが持続していくと不可逆的な障害となり多臓器不全に陥ります

症状としては、、循環器、呼吸器、神経系m、消化器系、泌尿器系などが障害されることで低血圧、意識障害、痙攣、流涎、嘔吐、血便などが起こり、急性腎不全やショックを引き起こします。

あっという間に症状が進行し亡くなってしまうケースも多いので十分注意が必要です

それでももし熱中症になってしまったら、とにかく早急な対応が必要です。

【熱中症の応急処置】
熱中症になった場合の応急処置方法をご紹介いたします。

様々な方法がありますが、少しでも早く体温を38.5℃くらいまで下げることが重要です。

お散歩中やドッグランで熱中症の症状があらわれた場合は、すぐに日陰に移動し保冷剤でワキや首、内股など大きな血管があるところを冷やして体温を下げます。

室内の場合は冷房を強くし、室内の温度を下げてください。

ここで一つ覚えておきたいこと[emoji:i-197]

それは、身体を冷やしすぎたり、もしくは冷たい水に体を浸けるなどは、実は逆効果になることが

シバリングや末梢血管の収縮が起こり冷却効果が減少します。

*シバリング(shivering);私たちも熱の出始めなどで体が震えたり、寒い時にがたがた震えたりすることがありますよね!

シバリングは、体温が下がった時に筋肉を動かすことで熱を発生させ、体温を保とうとする生理現象です。

シバリングや末梢血管の収縮を起こしにくい方法として「ウォームスプレー法」というものがあります。

約40℃くらいの温か目のお湯を霧吹きで全身に散布します。この方法だとシバリングが起きにくく、効率良く体温を下げることができます

応急処置をしても症状が緩和しない、意識レベルが低い場合は緊急を要しますので、すぐに病院へ連れていってくださいね。

あつーーーい夏の到来ですが、でも愛犬たちと楽しい毎日を過ごしてくださいね

フレンチブルドッグライフにも同記事載せています
https://frenchbulldog.life/diseases/nechuusho

heafder-2.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com