東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
水頭症
2017年09月11日 (月) | 編集 |
先日、私が監修させていただいている、フレンチブルドッグのwebサイトで水頭症について記載させていただきましたのでこちらにも

トイプードルを診療する機会が一番多いかな?とは感じますが、チワワさんも関東ではとても人気の犬種です。

チワワのほか、フレンチブルドッグやボストンテリアといった頭の大きい犬種の飼い主さまが心配される病気の一つとして「水頭症」があるかと思います

我が子は水頭症は大丈夫かな!?

そんな心配をされる方もいらっしゃると思います。


水頭症の原因は、脳脊髄液が過剰に脳内(正確には脳室内またはくも膜下腔)に貯留することにより、頭部の内圧が上昇し神経などが圧迫されることにより症状が出ます

先天的に脳の奇形などにより脳脊髄液の吸収不全や循環障害などにより起きる先天性水頭症と、脳腫瘍や脳炎などが原因で二次的に発生する後天性水頭症があります。

症状の主体は脳脊髄液の過剰蓄積による脳の圧迫によるものです

一般的に先天性の水頭症は、1歳齢以下(特に生後6ヶ月齢以下)で意識障害や行動異常、急に怒る、発作、パニック、視覚障害、起立困難、四肢麻痺、発育障害などが認められます。

チワワさんだと、「急にパニック様になって怒る」というのは生後数ヶ月で見られることがあります。

合わせて、外観の異常として、横に大きく広がった頭、両目の斜視、泉門の開存などが見受けられます。

ただし、臨床症状を呈さない無症候性水頭症も存在します。

水頭症の診断は超音波検査、MRI検査、治療への反応から総合判断します。

水頭症は診断が難しく、脳室の拡大があるからといって水頭症と診断はできません

また、脳室の拡大があり、かつ、行動異常や神経症状などがあっても水頭症ではない場合もあります。

水頭症と症状も発症時期も似ているのが、頭部と頚部をつなぐ箇所での奇形(後頭環軸椎関節奇形)や脊髄空洞症といった疾患であり、鑑別が非常に難しいです。

また、これらは水頭症と併発していることもあり、正確な診断にはMRI検査が必須となります。

超音波検査は、泉門が開存している症例では、脳室の拡大や頭蓋内圧の亢進をある程度推測することが可能です。

まとめると、外観的に頭が大きく、斜視があり、かつ、行動異常や神経学的な異常が認められ、超音波検査で脳圧亢進と脳室拡大が認められ、MRIで後天性水頭症(腫瘍や脳炎など)やその他の先天的奇形の除外・診断を行い、脳室拡大を確認することが必要となります。


先天性水頭症の治療は,できるだけ早期の外科手術が望まれます

脳室に過剰に蓄積する脳脊髄液を、チューブを介して腹腔内に流れるようにする手術です。

常に脳圧が上がらないようにすることで神経的な症状や脳のダメージも起こさないようにすることが可能です。

とは言え、100%の手術ではなく、 チューブが詰まったり、体が異物反応を起こしたり、チューブが外れてしまったりと再手術が必要になるケースもあります

また、脳外科でもあるので、大学病院や専門病院でしか行うことができません。

内科療法は、あくまで対症療法となります。

脳圧を下げる薬や脳脊髄液の産生を抑制する薬などを使用します。

発作が起きる場合には抗てんかん薬なども併用し管理していきます

しかし、内科療法では一般状態が良好に維持できないと判断した場合には外科手術も積極的に考慮する必要があります。

水頭症の予防というのは難しいのですが、子犬の場合には、頭が広すぎないか、目は斜視ではないか、歩き方、動き方は正常か、また急に怒りっぽくないかをしっかりと確認し犬を迎えることも大切です。

また、お家に来て何らかの異常を認めるようであれば、かかりつけで受診なさってくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com