東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ぷにぷにの肉球
2013年12月07日 (土) | 編集 |
先日、関西にお住いの方から「わんちゃんの肉球がひび割れして少し出血している、本人も痛がって舐めている」とご相談を頂きました

肉球は当たり前ですが、直に地面と接するところ。コンクリートが多い都会では肉球が擦れてしまうことも良くあります

また、お散歩中にリードをぐいぐい引っ張り気味の子にも起きたりします。

犬たちの肉球の役割はただ単に足裏を保護するだけではなく、感覚器としてもとても優れた場所。

何かに触れたことを感知する触覚や圧覚、熱い冷たいを感知する温度感覚、痛みを感じる痛覚・・・etc

そして、皆さまご存知のように肉球からをかきます。

この汗の成分は1頭1頭異なります

よくワンちゃんが、おトイレの後など、地面をカリカリしますよね  それはもちろんおしっこの成分を遠くに飛ばしてマーキングを意味しているのですが、と同時に、自分の肉球から出る汗の成分も飛ばしているそうです。(マーキングの一種)


また、肉球の模様、形状、柔らかさなどには個体差があり、生活する環境に合わせて変化します。

よくお外を散歩する子は肉球が厚くなりますし、おうちの中で殆ど過ごす子は柔らかい肉球だったりします

肉球は再生能力が弱いです。なので一度皮がむけたりするとなかなか治りません。。。

私たちの皮膚と同じく、冬場は肉球が荒れている子が多いです

体重がかかるので、私たちのかかとと同じようにどうしてもガサガサになりやすいんです。

私が患者さまにおススメするのは、メディカルアロマで作成した肉球クリームです

使用する精油はパルマローザラベンダーアングスティフォリア

パルマローザに含まれるゲラニオールという成分には殺菌・鎮痛・鎮静、皮膚弾力回復作用があります。

また、ラベンダーアングスティフォリアに含まれる酢酸リナリルには鎮痛作用ℓリナロールには鎮痛・鎮静作用があります。

そして、この精油を混ぜるのに使用する基材はラノリン

ラノリンとは、天然の羊毛を洗浄した後、回収された羊毛脂を精製したものです

皮膚を柔軟にする作用があり保湿効果はバツグン

ワンちゃんたちの大事な肉球、時々チェックしてあげてくださいね

そうそう 時々足裏の毛が伸びて肉球が隠れている子がいます。
フローリングで滑って足腰に負担がかかるので気を付けてくださいね





しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com


ヒト用のメディカルアロマのblogも更新しました  http://larosee.blog.fc2.com/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する