東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
8ニャンズ + 1ベイビー
2014年03月21日 (金) | 編集 |
本日の往診は、猫ちゃんの一斉ワクチンです

なんと!  お家にお伺いする前からワクワク

どんな子たちがいるのかな~~~~。

お家に伺うと、猫の性格が本当に良くわかります

「こんにちは~」とすりすり足元に挨拶に来てくれる子

「だれ?勝手に入ってきたの?」とでも言いたげに、棚の上からチラリと見る子

「絶対顔出しませんから!」と姿がどこにも見えない子

「私ちょっと気になるの・・・」と隙間から体半分出して見ている子







私がいつも面白いな~と思うのは、ワンちゃんのお家に伺うと、犬の全身での喜びや、警戒心の吠え、空気がさぁーっと流れるのを感じるのですが、
猫さんのお家に伺うと、殆ど空気の変化を感じず、すぐにいつもの日常が始まります

これは、猫さんが1頭でも、多頭でもあまり変わりません

飼い主さまには9ヶ月のお嬢さまがいらっしゃいます



子供を抱っこして猫1頭ずつ8往復の病院どうしよう!と思われていたそうです。

まさに私が往診を始めたきっかけでもある「子供を連れての病院通いの大変さ」です。

飼い主さまが元気でも、動物たちが元気でも、時に様々な理由で病院に連れて行くことが難しい場合があります

そのような方たちの少しでもお役にたてるならとても嬉しいです

当院では現在猫さんのワクチンはピュアバックスRCPというものを使用しております。
製品情報http://www.zenoaq.jp/product/pdrpc.html



このワクチンは、猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス、猫汎白血球減少症ウイルス、猫カリシウイルスの3種を予防いたします。

カリシウイルスは2株入っていますので、最近では4種とも言うのかな!?

特徴といたしましては、猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス、猫汎白血球減少症ウイルスは生ワクチン、カリシウイルスは不活化ワクチンとなります。

おそらく猫さんと暮らされている皆さまが心配されているのが、ワクチン誘発性線維肉腫だと思うのですが、このワクチン誘発性線維肉腫不活化ワクチンに含まれるアジュバントというものが原因かも?と言われていますが、ピュアバックスRCPはアジュバントが使われていません。

そしてカリシウイルスが2株予防できるので良いかなぁ~と思っています。

ワクチンは各社から様々なものが出ております。

絶対これが良い!!というものはありませんので、かかりつけの病院で選択されているワクチンを安心して接種されてくださいね

猫ちゃんがワクチンで予防できる病気に関しては以前のblogを参考になさってくださいね
http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

みなさんおつかれさまでした~~





そうそう余談ですが、私が猫ってステキだな~と思う瞬間。


この美しい姿勢です。
両手両足をキレイにそろえ、しっぽをくるり 凛としているこの姿。 見習いたいです


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する