東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
偽妊娠 そして、うっとりオーラルケアー
2014年07月14日 (月) | 編集 |
先日こんなご相談をいただきました。

1歳になったばかりのチワワのチェリーちゃん。

飼い主さまがいつものようにお家に帰ったらまるで別の犬になっていたとのこと。

いつもなら嬉しくて飛びついてくるのに、一転してじっとしたまま動かず帰宅された飼い主さまに一切反応しないそうです。


自分の体より大きなぬいぐるみの上で丸まるように寝ているか、ボールやぬいぐるみをそーっとくわえてハウスに運んでみたり。
ハウスの中でベッドメイクの穴掘り行動をひたすらしたり。

『偽妊娠;ぎにんしん』を疑い、往診に伺いました

みなさま、偽妊娠ってご存知ですか?

犬は他の動物と違い、発情が来た後、妊娠の有無にかかわらず、妊娠をサポートするホルモンが出ます。
なので、発情が来るとやや乳腺が張ったりします。

ですが、著しく乳腺が張ったり、実際に乳汁がおっぱいから出たり、とても神経質になって攻撃的になったり、また、チェリーちゃんのように巣作りしたり、ぬいぐるみやボールを子供のように守ったりする行動を、臨床において偽妊娠と診断いたします。

原因はホルモンの分泌量に関係していることはわかっていますが、なぜそのようなことが起きるのかは詳細には解明されていません。

でも、面白いことに、最近では、室内で大切に大切に育てられ、さびしがり屋で甘えん坊な子に多く発症することがわかっています。

精神的な要素も関連しているようです。

偽妊娠の対処としては、まず、守っているぬいぐるみなどがあれば刺激しないようにそっと取り除きます

ハウスや狭いところにこもりすぎてしまうようならハウスも一時的に撤去したり、開放的にします🏠

おっぱいは飼い主さまも触らないように。もしワンちゃんがペロペロ頻繁に舐めてしまうならお洋服やエリザベスカラーなどで一時的に舐められないようにします。

チェリーちゃんの飼い主さまに記載した注意点を守っていただき、1、2週間経過見としました

症状が強すぎる場合にはお薬で症状をコントロールすることもあります。

チェリーちゃんの場合、人に対して神経質になっている様子は見られませんでしたし、乳腺は張っているけれど、乳汁は出ないのですぐに症状が落ち着くのでは?と思っています(^-^)

そして、オーラルケアーも行ったのですが以前はなかなかこの体勢に保定されるのが苦手だったチェリーちゃん。


でも楽しくトレーニングをして頂いた効果もあって!

この表情!(笑)
うっとりトロリーんです


飼い主さまにもケアーしていただき、改善ポイントをお伝えしました


さてさて!そんなチェリーちゃん。
先ほど飼い主さまからご連絡があり
、昨日まで大事に大事にハウスまで運んでいたウサギのぬいぐるみも、今日は耳が取れるほどブンブン振り回して遊んでいるそうです
まだ巣作りはあるようですが、子育ては落ち着いてきたようです



しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する