東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
肉食動物は車に酔いやすい??
2014年08月13日 (水) | 編集 |
世間はお盆。みなさまいかがお過ごしですか?

私も先日1泊2日で山口の故郷に帰り、ご先祖さまに手を合わせてきました

さて、夏休みのこの時期、お車や電車でわんちゃんも一緒にお出かけになられる方も多いのでしょうか

以前にもご紹介させていただいた、わんちゃんの乗り物酔いによる嘔吐を予防するお薬を再度ご紹介いたします

ワンちゃんを車に乗せた時に、ヨダレが多くなったり、あくびが増えたり、落ち着きがなくなったり、吐いたりする事はないですか?

先日、当院でドッグトレーニングを担当していただいているDOGSHIPさんから興味深いお話しを伺いました。(DOGSHIPhttp://dogship.com)
------
犬はもともと肉食動物。なので目の前の獲物を追いかけるために、目は前についています。一方、シマウマなどの草食動物はいち早く危険を察知できるように視野が広く、そのため目は横についています

車の後部座席に座って車の窓から横に流れて行く景色を犬たちが見たとすると、その映像の動きは普段は決して経験しないもの
なのでそれに慣れていない犬たちはすぐに酔ってしまうことが多いようです

-------

フロントガラスからの前に進む映像であれば問題ないのかもしれませんが、とはいえ助手席に座らせるのは危険なので、後ろに乗せ、酔いが激しい子は視野を暗くしてあげると良いかもしれませんね

もちろん、定期的に休憩を取ったり、車であれば車内の温度に注意したり、窓を開けて空気の入れ替えをしたり・・・というのは絶対的にしていただきたいのですが、それに加えて今回ご紹介するお薬を追加してあげると、ワンちゃんにとってもより快適な道中になるかなと思います。

セレニア」という錠剤のお薬で、成分はマロピタントというものです。

製品情報 → http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2011/2011_07_07.html


このお薬は世界で初めて、わんちゃんの乗り物酔いの嘔吐を予防出来るお薬として発売されました

車や電車に乗ると、ヨダレが多くなったり、嘔吐をするのはなぜでしょうか?

これは、乗り物の加速や揺れなどにより、ワンちゃんの鼓膜の奥にある「前庭;ぜんてい」(平衡感覚を整えているところ)が反応して、嘔吐中枢(おうとちゅうすう)とよばれるところが刺激されます。

その結果、嘔吐が起こります。

セレニアは、この嘔吐中枢に働きかけて、嘔吐を予防します。

セレニアは慢性腎不全による嘔吐やその他の疾患による嘔吐もしっかりと止めてくれます。

以前、乗り物酔いに鎮静剤などを使用していたのですが、私個人としては、セレニアの方が非常に安全性も高いので、気に入っています。また、その他の副作用がないので安心です

ぜひ夏の旅行を楽しんで下さいね

ご質問のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する