東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
始めの一歩。 群れの移動
2014年09月18日 (木) | 編集 |
先日のトレーニングの様子です。

さて今日はワクワクDay

今日のクラスは犬が5頭人が9名もうこれだけでワクワクドキドキの私です


本日のクラスを開催するきっかけとなったのは、4ヶ月齢の柴犬「ふくちゃん」の飼い主様のお悩みからです。

甘噛みと言うか本気噛み?まだ4ヶ月齢だけどとにかく噛まれて大変だということ

そこで、年齢バラバラによるグループを設定いたしました。

Member:4ヶ月齢の柴犬「ふくちゃん」、3歳の柴犬「さちちゃん」、トイプー×ポメの1歳「リヨンちゃん」、トイプー8歳「ララちゃん」、奥谷トレーナーの9歳の柴犬「うにちゃん」。

今日は柴犬が3頭も

当院でトレーニングを担当していただくのはDOGSHIPさんです。
DOGSHIPhttp://dogship.com/


福ちゃんは決して攻撃的なわけではありません。人も大好き

でも・・・。まだ4ヶ月齢ではありますが、イヤなことはイヤ!! そして、この大切な時期に犬同士の十分な触れ合いがないため、人間社会における社会化も、犬社会における社会化も経験不十分なのです。

まずは、みんなのお散歩の様子をチェック。 この「お散歩」。お散歩って犬を飼うと当たり前のことではありますが、ここには深い深い大事な意味があります。

犬にとってお散歩は群れの移動なのです。

一緒に歩くことによりお互いの関係性も見えてきますし、そして、仲間になるのです。(犬-犬、人-犬)

お互いの相性は色々あるとしても、とは群れの移動はしませんので、5頭みんなで歩くことで群れ意識が高まります。

とはいえ、何でもかんでも一緒に歩けばいいというものではありません

より良い組み合わせをDOGSHIPさんが提案し歩いていきます。

これがとても面白い 1頭ずつ増やしていくのですが、ふくちゃん以外のみんなはそこそこ仲間に加わっていくのに対し、4ヶ月のふくちゃんは、なかなか混じれません 体全部で拒否

このお写真を見てもわかるように、みんなに近づかないように突っぱねているのです。(右の白柴)


他のみんなが自分の居場所をそれぞれ見つけて歩き出しているにもかかわらず、ふくちゃんは自分がどこでどうすれば良いかわからず混乱気味・・・。

最初に輪になって集まったときはそんな風には全然見えませんでした


他の子に喜んで近づくということまではありませんが、こんな風に一緒に歩くのがNGとは

でもほんの数分、ふくちゃんはDOGSHIPさんに導かれ、少しずつではありますがお散歩に変化が
一生懸命色んなことを理解し、歩こうとしているのが感じられました。


そして、他の子たちのそれぞれの課題も見えてきます。

『群れの移動』 飼い主の皆さまにも体験して頂きました。
みなさま上手!! ここでの大事なことは、自分がBOSSであるという認識。
「みんな自分についておいで」という思いが大事です。




そうそう、話が変わりますが、おうちなどで、自分が歩こうとしているところに犬が寝そべっていたら、わざわざよけていらっしゃいませんか?
もちろん!それはそれで飼い主さまの優しい気持ちなのですが、でも、もし、ご自分のワンちゃんが、吠える、咬む、外では自分へのアテンションが低い、なかなか言う事を聞かない、などありましたら、それはBOSSとして、あともう一歩なのかもしれません。

犬の注意力、瞬発力、運動能力は私たちが思っているよりずっと上です。

私たちが歩く先に寝ているなら、どうぞそのままよけずに歩いてください。

犬たちは私たちがよけてくれることを知っているのです。そうではなく、BOSSが歩いてきたのだからさっとよけるぐらいに

直接、吠えや咬むなどの問題行動の解決につながらないように思われるかもしれませんが、この関係性こそがとても大事なんです。
この関係性を再構築することが問題解決につながることもたくさんあります。

さて、群れの移動(お散歩)を少し行ってから、飼い主さまのお家へ移動。

見てください このみんなの疲れっぷり お散歩はほんの短い時間でも、質を高めることでこんなにも犬たちの学習につながり、心地よい疲れをもたらします。




このあと室内では、誤飲を防ぐための最初の一歩。「それに興味をもたないで」というのを犬たちに教えていきました。

今日は最初の最初。今後はレベルアップしていく必要があります。

みなさま、どうぞ日々の生活に取り入れて楽しんでくださいね

今回も終始笑いの絶えないLesson、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する