東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
オーラルケアープライベートLesson
2014年10月05日 (日) | 編集 |
先日のオーラルケアープライベートLessonの様子です。

これは当院が力を入れていることの一つでもあります

簡単に言うと歯磨きレッスンです。 皆さまもおうちのわんちゃんネコちゃんのお口のケアーの重要性はおそらく認識されていらっしゃるかと思います。

ですが、中にはこんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・歯磨きが大切と言われて始めてみたけど、実際には嫌がってうまくできない。
・毎日歯磨きしようと思ったけど、嫌がるからたまにしかやらなくなった。
・歯磨きしてはいるけどやり方があっているのかわからない。
・色んなグッズが売っているけど何を使ったらよいのかわからない。


そう、一言で「歯磨き」といっても、犬の口の形(歯の並び)は1頭1頭異なりますし、その子の性格も異なります。

また、飼い主さまの生活スタイルも異なります。


無理な歯磨きはお互いのストレスとなりなかなか長続きしません

当院ではその子、そのご家庭に、より合った歯磨きのやり方をお伝えいたします。

歯はとっても大事です。 歯周病によりお口が痛くてご飯が食べられない子もいます

食事をいつまでもおいしく食べられることは何よりの生活の質、QOLを維持するためにも重要です。

当院のオーラルケアープライベートLessonの流れです。

まずは、お口の構造や歯周病などに関する座学を少し。 この時間は飼い主さまにオーラルケアーの重要性に関して知っていただく為ではありますが、それと同時に、往診に伺って興奮している犬が落ち着くための時間でもあります

興奮していたわんちゃんも、私や飼い主さまが相手にしないのでいつもの落ち着きを取り戻していきます。

レッスンを始める前にお口の中のお写真をパシャリ
※この年齢でこれだけキレイだなんて素晴らしいです!


写真を定期的に残しておくと、歯石の付き具合も確認することができますし、歯石を取った後の変化もわかります。

座学を行った後、今度は飼い主さまにいつも使用しているグッズで、いつものように歯磨きをしていただきます。


そして、改善すべきところをお伝えしていきます

質の高い歯磨きのやり方を取得していただくことで、より意味のある歯磨きになります

歯ブラシも、シートも、色んなグッズもそれぞれ意味合い、目的が異なりますのでどれか一つで良いというものでもありません

今日の歯磨きレッスンは、8歳の柴犬さんと9歳のダックスさんです

飼い主さま、歯磨きとーーーっても上手です


ダックスの飼い主さまは、『この子歯ブラシの時はうぅーって唸ることがあるから、その姿を皆様に初めて見せちゃうかも!』と仰られていましたが、さすがボーイ!やるときはやります 

みんなの前で素晴らしい歯磨きを見せてくれました



飼い主様ご自身も、「すごい!今日はすごくいい!」とご自身にびっくり(笑)

そして柴ちゃん。 ここにも飼い主さまの知恵が! 歯の裏側って磨きにくいですよね。


犬は口を開けられることがあまり好きではないので、飼い主さまはなんと 犬用のおやつのアキレス腱を咬ませながら、開いている口の内側の歯を磨くのだとか


手つきが慣れていて素晴らしいです(#^.^#) 皆さまの様々な知恵は私の勉強にもなります

笑いあり、お勉強あり、実技ありの楽しい時間。ありがとうございました


ダックスくんは、そのあと上の歯の歯石を半分とりました。

とーーってもおとなしかったです

次回またチェックさせてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する