東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
あれから5ヶ月 脳腫瘍のコタツくん!
2014年10月17日 (金) | 編集 |
以前脳腫瘍と診断されたフレンチブルドッグのコタツくんのことをブログに挙げさせていただきました

Blog http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-date-20140529.html

診断されてから5ヶ月

その後のコタツくんの様子です

今年の5月の初め、突然ぐるぐる旋回し意識もうろうとなったコタツくん。

各種検査の結果、脳には大きな腫瘍があることが発覚しました

当初、飼い主さまを初め、周りのお友達もみんなとても動揺しました

ですが、今日まで5ヶ月、コタツくん頑張っています

毎日のお薬、週1回の通院、3週に1回の抗癌治療

病状には波があり、「脳腫瘍なんてないんじゃないの!?」って思うくらい元気いっぱいの時もあれば再び旋回が始まったり・・・。

そんな一挙手一投足に喜んだり凹んだり。

でも、コタツくんは一生懸命を生きています。

『先のことを思って不安になったり落ち込むのは人間だけ。犬は今を生きている』

まさにそう。 

飼い主さまもそれをご存知だから、コタツくんとまっすぐ向き合っていらっしゃいます。

先日コタツくんの病院に私も一緒に行ってきました


血液検査の結果が出るまで少し時間がかかるのですが、診察を待つ待合室結果を待つ待合室が分かれており、最上階に設けられた待合室では飼い主さまが少しでもホッとできるように工夫されています




診察室でコタツくんの脳のMRI画像も見せて頂き、担当獣医師から今後の方針も丁寧にご説明いただきました。



10月に入り、秋空のもと、コタツくんのセントトレーニングにも同行させていただきました。


皆さま、セントトレーニングってご存知ですか?
セント=scent:におい、嗅覚

つまり、犬が生まれながらにして持っている優れた嗅覚の能力を活かすトレーニングです。

皆さま、おうちのワンちゃんの目の前にペンを1本差し出してみてください

必ずクンクンクンクンって匂いを嗅ぐと思います。

そう、犬は私たちのように物事を目で理解するのではなく、匂いで殆ど全ての事を理解できるのです

でも、今家庭犬として暮らしているワンちゃん達は嗅覚をそんなに使わなくても生活できます。

優しい飼い主さまが美味しいご飯を出してくれるので獲物を探す必要もないですし、優しい飼い主さまがお散歩に連れて行ってくれるので、自分で匂いをたどって家に帰る必要もありません。

ですが、犬の嗅覚の能力をしっかりと引き出してあげることは、犬たちにとって無理なく、ごく自然に脳を活用し、『嗅ぐ』という 本能を刺激するので、犬に生き甲斐と精神的落ち着きをもたらすと言われています。

セントトレーニングはくんくんゲームとも言われ家庭犬でも楽しめるようにアレンジされています。

セントトレーニングhttp://dogship.com/library/scent/

さてさて、1歳半の時からDOGSHIPさんでセントトレーニングを受けてきたコタツくん

『コタツが大好きだったセントトレーニングをもう一度やってあげたい!』という飼い主さまの願いで今回闘病生活の中、初めてトレーニングを再開しました。

ここ数日やや旋回が多かったコタツくん。  でもトレーニングに集中し、一生懸命匂いを嗅ぎおやつを探す間は全く旋回も見られません


天気も良く、秋空の下、セントトレーニングを生き生きと楽しんでいるコタツくんと飼い主さまに胸がじんとしました。


DOGSHIPさんのお話では、コタツくんのことを考え、今回は「ニオイの記憶を呼び覚ます」ために、分かりやすく、達成度が高いレベルを提供されたとのことです。

翌日飼い主さまからのメールには、『昨夜は旋回せずにぐっすり眠れました』 と。

来月もセントトレーニングを予定しているコタツくん。  そのみじかーいお鼻でくんくんする姿、見せてくださいね


元気な子はもちろん、疾患があったり、高齢でたくさんは動けない子たちにもぜひやって頂きたいです

犬たちがすんすん、くんくん匂いを嗅いで何かを探し出す姿は本当に生き生きとしています

ボール投げももちろん楽しいですが、嗅覚を使った遊びもぜひ日常に取り入れてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する