東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
慢性嘔吐
2014年10月25日 (土) | 編集 |
12歳のパピヨンフランちゃんです。

かれこれ半年以上1日1回吐くとのことで、3月に初めて往診に伺いました。

元気は良く、食欲もモリモリです。

身体検査で聴診も問題ないです。


少し太り気味で、お膝はゆるく膝蓋骨脱臼がありますが、それ以外は特に問題はなさそうです。

かかりつけの病院で以前胆嚢を手術で摘出した経歴があり、飼い主さまは、術後フランちゃんがよく吐くので、胃腸に負担がかかりにくいようにとご飯を1日3~4回に分けてあげていらっしゃいました

慢性嘔吐があり、しかも高齢となると色々と考えなくてはいけません

腎臓や肝臓などの内臓の問題、腫瘍の可能性などなど。

ですが各種検査はかかりつけですでにされており、異常はなし

なので飼い主さまも半ば吐くことは仕方ないと思われていらっしゃいました。

『この子は胆嚢が無いから仕方ない』と。

ですが、今現在胆嚢炎があるならその可能性もありますがすでにしっかり完全切除されていますので、基本的には健康な子と何ら変わりなく過ごせるはずです

フランちゃんはかかりつけの病院できちんと検査もされ、血液検査も超音波検査もその他検査も異常なし


そこで今回飼い主さまにご提案したのは、フードのあげ方と種類を変えてみることです。

まずあげ方

割と1日数回に分けて、しかも時間ぴったりにあげていらっしゃる方も多いのですが、回数は1日1~2回で十分だと思います
しかも時間はバラバラでも

ゴハンを時間通りにあげていらっしゃる方、おうちのワンちゃんがご飯の時間近くになるとそわそわキャンキャン鳴いて待てないなどないですか?

また、「空腹時嘔吐」を心配される方もいらっしゃるのですが、意外と空腹時に吐くのは異物が原因だったりもします。

もちろん何日も食事を取っていなくて吐くというのであれば十分空腹時嘔吐(胃酸過多による)も考えられますが、一般的に皆様1日2回くらいフードをあげていらっしゃいますので時間が空いても10数時間だと思います。

犬たちはそーーんなにヤワではありません(*^^*)

そして次にフードの変更をしました。

フードは今まで食べていたものは大手メーカーで、もちろん決して悪いものではありません。

ただ、今日まで1日1回吐くということでしたので、今までとは製法も異なるフードをご提案しました。

今まではいわゆるカリカリの大手メーカーのドライフードです

なので今度は、水にふやかして食べさせるフードで、なおかつ保存料などの添加物を一切排除し、非常にシンプルな材料(肉、内臓、野菜、フルーツのみ)だけで作られ、加熱処理をされていないフリーズドライ製法で作られたドッグフードにしました。

・今回フランちゃんにお勧めしたのは、K9 Natural (ケーナインナチュラル)さんのフードです。
とっても質が良く、何より無駄なものが入っていない。 とてもシンプルに犬にとって必要なものだけを入れたフードです。

K9 Natural https://www.k9natural.jp/
05061016_5187046606717.jpg


フランちゃん、フードの回数と種類を変更したその日から嘘のように今日まで半年間1度も嘔吐がありません

飼い主さまも本当に喜ばれています

犬たちが吐く姿というのは見ているこちらも辛いですものね!

月に一度検診とオーラルケアーに伺うのですが、この半年間で体格も非常に良くなり、ベストコンディションを保っています

歩く姿は軽快


フランちゃん、涼しくなった秋空の下、お散歩楽しんでね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する