東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
スタッドテイル フサフサのシッポがツルツルに‼︎
2014年10月29日 (水) | 編集 |
18の猫、トトくんです

ブログで何度がご紹介している心臓疾患を持つ猫ちゃん。


あれから4ヶ月。胸水が溜まることもなく、元気に過ごしています

最近では食欲もりもり

体重がどんどん増えて今は増やしすぎないようにケアーしているところです 幸せな悩み(笑)

さて、そんなトトくん、先月シッポの先を気にしてガジガジ

毛がどんどん抜けていきました

こちらのお写真は抜ける前のトトくんのシッポ。
ふっさふさのボリュームたっぷりです



そして、こちらが毛が抜けてしまったシッポ。。




一瞬、血栓症!?とドキッとしましたがシッポの先は温かいし、よく動きます。

そして、シッポの毛をよーくかきわけてみると、黒い汚れがたくさん


そう、トトくんのシッポはStud Tail ; スタッドテイルと呼ばれる皮膚病です。

みなさまスタッドテイルってご存知ですか?

猫ちゃん特有の皮膚疾患で、シッポにある脂(アブラ)を出す皮脂腺から何らかの理由で過剰に脂(アブラ)が出てしまい、その周囲の皮膚に炎症が起こり、猫さんが気にしてガジガジし、毛が抜けてしまったりします

この皮脂腺、本来は自分の匂い付けとして使われます。

猫さんと暮らしたことがある方はご存知だと思いますが、よく足元に来た猫さんが、私たちの足にスリスリ~っとやって来て、そして去って行くとき、最後の最後までシッポを足にからみ付けていきます

きっとこんな時は「大好きだよ~」って言ってくれてるのかなぁと勝手に想像しています

もしくは猫さんのことだから「ここでは私がボスなんだからね~お利口にしときなさいよ~」かもしれません

他にも、猫たちはシッポ以外に顔まわりのヒゲからも匂い付けをします。

よく、顔面をドンっと私たちに当ててくることはないですか?

あの「顔ドン」もそうです(*^^*)

犬たちとまた違ったこの生態。とても面白いです

さて、皮膚疾患であるスタッドテイル、一般的には去勢していない若い長毛のオスに多発すると言われています。

トトくんは去勢済み18歳の男の子
気持ちが若いのかな(笑)

治療法はまずは溜まったアブラを落とすようにしっかりシャンプーすることです。

皮膚炎がひどい場合には抗生物質を飲ませることもあります

トトくんはかかりつけの先生からティーツリーシャンプーを勧めていただいたので、それで週に1-2回シャンプーシャンプー(*^^*)

約1ヶ月、ようやくうっすら毛が生え始めました

長毛でキレイなトトくん

4ヶ月前は胸水を抜くために両側の胸の皮膚をバリカンで剃っていました

年齢を考えて、「なかなか生えてこないかも」とお伝えしていたのですが、トトくんあっという間にキレイな長い毛が生えそろいました。

なので、今回もシッポ早く元に戻るといいですね

最近は少し寒くなってきましたのであったかいトトくんベッドで丸くなっています。

ピンクが似合う男子です


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する