東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ウサギさんの涙
2015年01月24日 (土) | 編集 |
先日の往診症例です

8歳のネザーランド、ぴょん子ちゃんの定期検診です。


ここ3週間くらい右目の涙が多い気がする。目やにも少し出ている気がするとのことです。

ウサギさんが涙が多くなったりする原因として、目と鼻をつないでいる管(涙管)が詰まってしまうことがあります。
また、細菌感染症や角膜炎などでも涙は増えます。

その他、ウサギさんの 『歯』は一生伸び続けるのですが、歯の咬み合わせが悪い場合、うまく削られずに変な方向に伸びてしまうことがあります。 

これは、ウサギさんの一般的なレントゲン写真なのですが、歯がとっても長くて、しかも、上顎の歯の根っこはすぐ眼の下まで伸びていることがわかります。
rabbit06.jpg


なので、歯の根っこで炎症が起きたり、歯がうまく削られないと上方向に伸び、眼球が圧迫されて涙が出ることもあります

さて、ぴょん子ちゃんまずは角膜で炎症が起きていないかなど目をチェックしましたが、特に問題はなさそうです。

お口の中も確認しましたが、歯のかみ合わせは問題なさそうです。


ひとまず、目の下の皮膚の炎症もなく、風邪症状も見られないので、目薬で様子を見ることとしました。

今3日間目薬さして頂き、飼い主さまから「良くなってきた」とご連絡いただきましたので、しばらく経過観察です
一過性の炎症なら良いのですが(^^)

また、ぴょん子ちゃんは女の子で避妊手術をしていませんので、ウサギさんに多い子宮腺癌なども心配です

触診では特に問題なく、また、尿検査でも潜血反応も見られませんでしたので一安心

ぴょん子ちゃん、また伺いますね!!

そうそう、ぴょん子ちゃんはロシアンブルーのネコちゃんと暮らしているんです
しかもお互いフリーで


ぴょん子ちゃんを診察していると心配そうに(興味津々で!?)猫さんが近付いてきます(笑)


このお家では、ネコちゃんよりぴょん子ちゃんの方が強いんだとか

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック