東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
膝蓋骨脱臼
2012年04月22日 (日) | 編集 |
2012年4月22日

先日の症例を1件ご紹介いたします。

2歳のパピヨン、ソファーから飛び降りた時に「キャン!!」と鳴いてその時から右の後ろ足をずーっと浮かせいて痛がっているとの事

全体の触診、神経反射など確認したところ、後ろ足の膝にあるお皿(膝蓋骨;しつがいこつ)の脱臼が右足にある事がわかりました。

後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)が、正常な位置から外れてしまうのが、膝蓋骨脱臼。

遺伝性のものと、今回のように打撲や落下などで起こる後天性のものがあります。

遺伝性のものは、ポメラニアンやトイ・プードル、ヨークシャー・テリア、チワワなどの小型犬にとても多く見られます。

症状は、膝のお皿がたまに外れるけれども自然に元に戻るものから、外れっぱなしになってしまうものまで、進行度合いによって4つのグレードに分けられています

初期では無症状のことも多いのですが、次第に脱臼した足を浮かせてスキップするような歩き方をしたり、時々キャンと鳴いて後ろ足を浮かせているけれどまたすぐ普通に歩く、と言った事で気づかれることが多いようです。

根本的な治療は外科手術が必要ですが、消炎鎮痛剤で経過観察することも

症状が軽ければ、とくに治療の必要がないこともあります。

おうちでの予防としましては、膝や関節に負担がかかりにくいように、床材を滑りにくくしたり、肥満にならない様に体重管理が大切です

今回のパピヨンちゃんは痛みが強かったので、消炎鎮痛剤と、数日間のケージ内での管理で5日目にはほぼ問題なく歩けるようになりました

良かったですね

お大事にしてください

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック