東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
DOGSHIP Harbor 開港 学びの時間 ①群れの移動
2015年04月30日 (木) | 編集 |
当院の患者さまの犬たちのトレーニングを行っていただいているDOGSHIPさんの“School”が4月4日にOpenしました
DOGSHIP Harborhttp://dogship.com/harbor/


今までの飼い主さまのご自宅での出張トレーニングに加えて、School@harborでは、犬をフリーの状態で管理し、複数頭の群れに入れることで学びを得る

自宅でのチャイムの吠え、テーブルの上にある食べ物への執着など実際に自宅であり得る状況を再現し、それに対しDOGSHIPの方たちが対応し、そこで犬たちが学び得たことをそのまま自宅へシフトする。

とは言え、多くの「問題行動」と言われるものは、多くが飼い主さまの行動、言動の影響を受けています

なので、週末には飼い主さまにもharborに来て頂き、ともに学んでいただく

また、それ以外にも週末にはたくさんの学びのイベントがあります。

4月5月はオープニングイベントとして毎週末様々なイベントが開催されています。

先日参加したイベントを少しご紹介

『群れでの移動』
みなさま、普段何のために「お散歩」って行かれていますか? 犬が喜ぶから?トイレさせたいから?犬は散歩に出すものだから??

犬にとって散歩は「群れの移動」という大切な意味を持っています。

私たち人間のように、「天気がいいから健康のために歩こうかなぁ~」とは思いません

犬は群れ社会で生きる動物。敵とは群れの移動はしません。

相性はあるとしても、群れの移動を経験することで「仲間」になります。



良い群れには良いリーダーがいて、もし、規律を乱すような仲間がいれば当然上から叱られます

群れの統制が取れていなければ、その群れは各自やりたい放題。

ワンワン吠えてもいいし、あっちに引っ張りこっちに引っ張り・・・。 群れの崩壊です(-_-)

みなさまが愛犬とお散歩に行かれる時、そこはすでに飼い主様1人と犬1頭の「2頭の群れ」なのです。

もし家族4人と犬1頭で散歩に行けばそれは『5頭の群れ』なのです。

そして当然群れのリーダーは飼い主さまでなくてはいけません。


犬たちが吠えていたら、やめさせることが出来ていますか?

ぐいぐい引っ張っていたらやめさせて、リーダーの歩調に合わせるように指示が出せていますか?

『自分は群れのリーダーである』という気持ちを持って犬を群れの移動に連れて行くと、ちょっとしたノウハウで犬がとても落ち着き、そしてリーダーである飼い主に犬が合わせようとしてくれます

尊敬できるリーダーがいる群れは、犬たちにとって安心できる落ち着ける群れでもあるのです。

犬にとってのお散歩と人が思っているお散歩は実は大きな意味の違いがあるんですよね

今回たくさんの人とたくさんの犬での群れの移動は非常に興味深いものでした

自分が一番先頭を歩きたい子、他の子が自分より前に行くのが許せない子、可能なら一人でゆっくり歩きたい子、周りがとにかく気になる子・・・色んな子がいます

まずはDOGSHIPの須﨑さんと奥谷さんが組み合わせを考えながら一緒に歩く犬を増やしていきます。


最初は主張の激しかった子たちも群れのリーダーである須﨑さんや奥谷さんの群れのルールがわかるとそこに順応します。


お散歩は、群れのリーダーを確認し、またそこにおける犬の立場を確認することが出来るとても大事な意味を持っています。

名前が「お散歩」なだけに何となく「天気がいいからちょっと~」っと考えやすいですよね(^^)

飼い主さまにも複数頭の犬を実際に持っていただき群れのリーダーを体感して頂きました。


もちろん犬の主張が激しい場合のリーダーとして取るべき対応はDOGSHIPさんから教わります

このように「お散歩」ではなく、複数頭での「群れの移動」はぜひ犬たちに経験させてあげたいです。

DOGSHIPさんのSchoolにおける教育プログラムには、このような外での群れの規律を学ばせることも犬たちに経験させていきます。

リーシ(リード)が絡まらずに優雅に歩ける姿!素敵です


犬が犬らしく、そして人間社会でお互いに気持ちよく生活するために、当院でも積極的に、飼い主さまと犬の心地よい学びの時間を推奨します


5月までは週末のイベントにどなたでもご参加いただけるそうです(^^)
イベント詳細http://dogship.com/new10/wp-content/uploads/2015/04/20150501_event.pdf

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック