東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
7kg Gigiくん!歯周病です!
2015年08月10日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

9歳の猫Gigi(ジジ)くんです


Gigiくんは生後間もなく庭先に捨てられていたのを保護されました

箱にいれておけば誰かが拾ってくれると、まだミューミュー鳴いている子を放置・・・。
誰かが手を差し伸べなければ、Gigiくんは生きていけませんでした。

良かったね。Gigiくん

さて、そんなGigiくん。

食欲元気ももりもりだけど、口臭が気になるということで飼い主さまから当院に連絡をいただきました

早速おうちに伺ってきました  Gigiくんのおうちはいつもクラッシクが流れていて、ドアを開けた瞬間私までリラックス(^^)

ごろごろすりすりのGigiくん。体重はなんと7kg!!とっても大きいです!!




9年間ほぼ一度も病院にかかっていないということですので、まずは現状を把握するため採血させていただきました

そしてお口の中を確認。 すると、犬歯(牙)の根本である歯茎の部分が赤く腫れています


奥歯は歯石が歯肉を圧迫しています


Gigiくんゴハンを食べるとき、口を気にして顔を傾けて食べています

猫の歯周病に関してお話しさせていただき、どうするのがGigiくんにとってより良いのかを一緒に考えました。

幸いGigiくんの血液検査結果は全く問題なし

であれば、レントゲンやエコーで心肺機能に問題なければ、麻酔下で歯科処置をするのが良いと判断しました。

おいしくご飯を食べることは何よりの健康につながります

まだまだ何年も猫生を楽しんでもらいたいので、このタイミングで一度しっかりとケアーするのはとても良いと思います。
どこかが痛いと思って日々を過ごすのはとても負担になります。

ましてやそれが口の中ですと、ご飯を食べるとき、お水を飲むとき、いつも違和感があれば食欲が落ちても当然です。

今月末、麻酔下での歯科処置がんばろうね


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



コメント
この記事へのコメント
ネコちゃんも…
猫ちゃんにも歯周病あるんですね>_<

歯磨きもするのですか?

しっかり綺麗にしてもらって、いつまでも美味しくご飯を食べられると良いですね(^ ^)

痛いの痛いの飛んでいけ〜(^ ^)
2015/08/10(月) 09:49:17 | URL | ロッキーママ #-[ 編集]
ロッキーママさま
そうなんです!!猫ちゃんも歯周病あります!
なかなか治らない口内炎で悩んでいる子も実はワンちゃんより多かったり!
猫ちゃんもオーラルケアー大事です♪
でも猫ちゃんはプライドがありますので、そこを尊重しながらです(笑)
2015/08/10(月) 10:05:04 | URL | しまペットCLINIC #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック