東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
5ニャンズのワクチン
2015年08月28日 (金) | 編集 |
先日の往診症例です

5頭の猫ちゃんの健診&混合ワクチンです

この子達は全員保護ネコさんです。

中には虐待されたことのある子もいます

なのでお外に出るのがとても苦手

飼主さまは犬や猫の保護活動に積極的に参加されていて、命をとても大切にされています。

ピンポーンと伺うと、すでにキャリーケースに捕獲済み

でもこの子達は決して私に危害を加えたいわけではないんです。
過去の経験、そして本能から、身をまもるため。

なので、とにかく私も静かに気配を消して(といってもバレバレですが・・)ゆっくりキャリーケースをあけると縮こまっている子がいます。

体重を測り、聴診をし、お口の中をチェックし、身体検査終了! そしてワクチンをしてすぐにリリース!

飼主さまがネコさんたちに声をかけサポートしてくださるのでとても助かります

とはいえ、シャーシャー怒っている子もいるのでなかなか隅々まで見れない子もいます。

以前お口が腫れている子がいたのですが、歯石による圧迫が酷かったので鎮静をかけて歯科処置を行いました。


その時のblogですhttp://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-217.html

また、別の子も鎮静かけて歯科処置したのですが、その子はもともとすごーーくビビりでした。

でも飼主さまから、「まるは歯科処置のあとから穏やかになり体も触らせてくれるようになったんです」と
とてもうれしいです。 どこかが痛いのって本当にストレスです。

きっと痛みがなくなりホットしたんでしょうね(^^)

診療の後はいつも飼い主様が色んな話をしてくださり、私の楽しみのひととき


私が帰った後、しばらくはみんな出てこなかったようですが、少しずつお部屋に出てきて水を飲んだりする様子を飼い主様がお写真で送って下さり私も一安心です







今日もみんなよく頑張ったね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック