東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
風船食べちゃいました!
2015年09月02日 (水) | 編集 |
先日の往診症例です。
2歳のMIX、リヨンちゃんです。


朝お電話があり「散歩中に風船を食べてしまった!!」ということです。


それは大変

すぐにお家に伺ってきました

本人は今の所ケロリとしていますので、まずはその時の状況を詳しくお聞きしました

どうも、公園付近に子供達が遊んだ水風船がたっくさんそのままになっているようです

食べた風船は5センチ×5センチくらいと結構大きいようです

飼い主さまと話し合い、催吐処置を行うことにしました。

飼い主さまに優しく抱っこしてもらいお注射


1分後、オエッオエッっと吐きました

そしてピンクの風船でてきました


思わず飼い主さまと一緒に大喜び


大きいです! しかもびっくり、他の色の小さい風船も幾つか出てきました!

これは昨日飼い主さまの知らないうちに食べていたようです

昨夜食べたご飯も消化されずに出てきたので胃腸の働きもストップしていたのですね

無事に吐けて本当に良かったです

今インターネットでもご自宅で出来る吐かせ方などが出ているようですが、決してそれはやらないでくださいね

私たち獣医師も、吐かせるケース、経過を見るケース、内視鏡をするケース、開腹手術をするケースを必ず分けて考えています。

なのでもし何かを食べてしまったら、必ずまずはかかりつけ医にご相談くださいね。

さてさて、翌日は定期的なDOGSHIPさんのトレーニングの日。
DOGSHIP http://dogship.com

まずはみんなで現場を確認

落ちてます。。たくさん落ちています




遊んだ後は、皆様ちゃんとお片付けしましょうね(-_-)

今日のレッスンは、以前blogでもお伝えしたことがありますが、「拾い食い!」防止のトレーニングです。

「おもちゃでも何でも食べるんです」とか、「散歩中とにかく何か落ちていないか嗅ぎまわってるんです」とか、【拾い食いに関するお問い合わせがよくあります。

たまたま先日のblogも異物でしたね!


どうしてこんなに異物の誤飲や拾い食いが多いのでしょう?

犬はとっても嗅覚が優れています

おうちのワンちゃんの目の前にペンを差し出したら、まず手で触る子はいないですよね?

きっと鼻をふんふんして臭いをかぎに来ると思います。

このように、ワンちゃんは、目の前のそれが「なにか?」を理解するために嗅覚を使っているのです。

でも、私たち飼い主は、お散歩中にわんちゃんが落ちているたばこや、食べ物に興味を持って臭いをかぎに行ったとしたら、食べたら大変!!と思って、あわててリードをひっぱったり、大きな声で注意したりしてしまいがちですよね

そんな私たちの行動こそが、ますますワンちゃんの好奇心を刺激し、落ちているものを何でも食べてしまう習慣へとつなげてしまうのです。

犬にとって臭いを嗅ぎ、興味を持つということは当たり前なんです

では、何でも口に入れてしまうワンちゃんになんと声をかければよいのでしょうか?

それは、今回のレッスンのKEY WORDである『LEAVE IT』(リーヴ、イット)  つまり「それに興味を持つのをやめなさい」です。=その臭いを嗅ぐのをやめなさい。

犬は落ちている食べ物が体に良いのか悪いのか判断することはできません。

であれば、「落ちているものを勝手に食べてはいけない、食べる前に飼い主である私に確認しなさい」という意味合いになります。


リヨンちゃん、さっそくおやつを地面においてその付近を歩いてみると、もっちろんおやつに一直線です

でも、リヨンちゃん、普段からトレーニングをしているだけあって理解が早い(^^)


「LEAVE IT」を何度か教えることでかなり反応が良くなっています。

とにかく練習あるのみ!

いつもはずーーっと地面をクンクンしながら歩くリヨンちゃん。


飼い主さまの声掛けとコマンドによって飼い主さまの顔をチラチラ気にしながら上を向いて歩くリヨンちゃん。


とってもいいですね(^^)
歩く姿も素敵です。

私たち獣医師は、もし犬が異物を食べてしまったなら、しっかりケアをさせていただきます。

でも、拾い食いの傾向がある子や、異物を経験したことのある子には、拾い食いをしないようにするトレーニングがあることを積極的に飼い主さまにお伝えすることも重要だと思います。

リヨンちゃん、本当に良かったね

リヨンちゃんってとってもおちゃめなんです(^^)
先日のセントトレーニング。

クンクンオヤツを探しています。


「これかな?これかな?あれ??」


これからも元気でいてね(^^)

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック