東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
可愛いぷちストーカー
2015年10月22日 (木) | 編集 |
先日のトレーニング内容です。

1歳のトイプードルのぷにちゃん。

小さいころからトレーニングをしているのですが、当時の課題は、ケージレスの生活をさせること


まだ日本では犬を飼ったらケージでお留守番をしている子が多いのが現状ですが、ぷにちゃんの飼い主さまは、いつもくつろいでいるところで気持ち良くお留守番させてあげたいということでトレーニングをスタートさせました。

当院でトレーニングを担当していただくのは DOGSHIPさんです。
DOGSHIPhttp://dogship.com

犬だけの問題ではありません。普段の接し方が家でどう過ごせるかにとても関わってくるので、飼い主さまにもしっかり学んでいただきます

今やぷにちゃんは、フリーの状態でとてもお利口にお留守番ができます

そして今の課題。

ぷにちゃんはとにかくHappyガールで、犬が大好き

お散歩の時にすれ違うわんちゃんに激しく猛烈にしっぽふりっふりで近づいていくのです。

ですがこの猛烈アタックに他のワンちゃんも飼い主さまも引いてしまうのだとか。。

ぷにちゃんの一方通行の愛(笑)

なので、飼い主さまはぷにちゃんに上手に他の犬に挨拶させてあげたいということでトレーニング

さて、まずはいつものコースでいつものようにお散歩に一緒に行きます。

お散歩開始直後、ぷにちゃんったら右へ左へ前へ後ろへ自由 自由
もちろん「自由」なお散歩もとっても大事です。ですが街中を歩く時は飼い主さまの指示に従いきちんと横について歩くことも大事です。



ぷにちゃんはどうしてあんなにはしゃいでしまうのでしょうか?

実は同じ「はしゃぐ」でも色んな理由があります。

さっそくぷにちゃんのいつもの挨拶をチェック。

近づいてくるワンちゃんに猛烈アタック。ふりふりで大興奮ですテンション高い高い

でもよく様子を見てみると、ぷにちゃんはワンちゃんに近づいていったり、ぷにちゃんの飼い主さまのところに戻ってきたりしっぽフリフリで行ったり来たり

私からすると嬉しくてしょうがないようにしか見えないのですが、しばらくそれを観察されていたDOGSHIPの須﨑さんがぷにちゃんの飼い主さまに一言。

「ではぷにちゃんから離れてみてください」

ぷにちゃんの飼い主さまが2メートルくらい離れると、あんなに他のワンちゃんにふりふりだったぷにちゃんは今度はずっと飼い主さまの方を見てお座りしています



あれ?挨拶はもういいの??
実はぷにちゃんは他のワンちゃんに興奮している自分を見て飼い主さまが喜んでいる!と思っていたようです

だから、ワンちゃんのところに行ってはふりふり、飼い主さまのところに戻ってきては「どう?こんな私素敵??こんな私好き??」と言わんばかりにふりふり。

ぷにちゃんは最高に飼い主さまのことが大大大好きなんです

飼い主さまが何が好きか、何を喜んでくれるかを常に考えている可愛いぷちストーカー

なので見てほしい飼い主さまがそばにいないなら、興奮する意味がぷにちゃんにとってはなくなってしまうのです。

とても愛らしいです

さて!ぷにちゃんの興奮の理由がわかったので、今度はぷにちゃんに新しい挨拶の仕方の提案です。

犬は、それぞれに挨拶の仕方があります。

お座りする犬、フセをする犬、立った状態の犬 etc・・・

その子の挨拶の仕方をしっかりと見極めて、それを生かした挨拶の仕方を教えていきます。

ぷにちゃんも飼い主さまもこんなに暗くなるまで練習



練習あるのみです。犬は経験から多くのことを学びます。

数日後、こんなに嬉しいメールが届きました

「お散歩は一進一退ですが、がんばっています。週末に生まれ変わったぷにを主人が見て、びっくりしていました。お友達とのご挨拶も少しづつ上手になってきました」

うれしいです~

ぷにちゃん、また散歩のレベルアップしようね



犬と暮らすのは本当に大変なことです。お散歩も行かなきゃいけないし、ご飯も作ってあげないといけないし、噛むことだって吠えることだってあります。
人と共生するためのマナーも、犬と犬らしく過ごす時間も飼い主さまが与えてあげなくてはいけません。

でも犬と暮らすって表現できない幸せを感じることができます。
心のプレゼントの連続です。

犬との暮らしがもっともっとHappyになるように当院にできるサポートをさせていただきたいと思います

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック