東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
お耳の洗浄液
2015年10月25日 (日) | 編集 |
先日の往診症例です

5歳秋田犬のゆめちゃんです

ゆめちゃんは1歳のときに山奥で他のたくさんの犬たちとともに捨てられていたところを保護団体に助けられました

そして今のご家族のもとへ。ゆめちゃんのお家には小さい男の子のお子様がいらっしゃいますが、ゆめちゃんはいつもそばで見守ってくれているそうです

ゆめちゃんは体は大きいけれどとっても大人しくて、「あれ?ゆめは?」と家族の中でも話し合っちゃうくらい(^-^)/

今日はゆめちゃんの混合ワクチンお耳の診察です。


ゆめちゃんは保護されたときはフィラリアに感染していましたが、治療のかいあって今はもう大丈夫♪

そんなゆめちゃん、1週間くらい前からお耳が汚れていて痒がっているということ。

お耳の中は赤く腫れてはいませんでしたが黒い汚れがいっぱい

みなさま普段お耳のケアーってどうされていますか?

洗浄液、シート、綿棒・・・・様々な洗浄グッズが販売されていますが、実は1頭1頭お耳の中の状態は違うのでその子に合ったグッズを選択することが必要なんですよ

さてゆめちゃん、お耳の洗浄をします

洗浄液は必ず温めて使用します

洗浄液は冷たいまま使用すると、人では洗浄後しばらく耳鳴りがするとも言われているそうです

確かに洗浄液を人肌程度に温めて使用すると犬の反応が全然違います

すんなり受け入れてくれて洗浄中も気持ちよさそう

炎症がある耳にも温めた洗浄液は刺激が少ないです。

また、耳垢は脂なので、冷たい洗浄液よりも温かい洗浄液の方が耳垢を溶かす効果が大きいです。

なので当院では洗浄液は温めて使用するようにしています

ゆめちゃんのお耳を洗浄しお薬を入れて様子見です。

ワクチンもオヤツもらっている間にチクっ


ゆめちゃん。お耳早く良くなるといいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック