東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
延命治療とは
2015年12月14日 (月) | 編集 |
今まで何度か当院のblogに登場している20歳の猫ルナちゃん

3年前からずっと2週間に1度往診で診察しています

18歳のルナちゃんhttp://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-117.html
19歳のルナちゃんhttp://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-169.html
20歳のルナちゃんhttp://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

8月には二十歳を迎え、みんなでお祝いしました

ルナちゃんは黒猫。もともとお外に行く猫ちゃんで、何度もネズミを飼い主さまに献上し、間違って踏んでしまった飼い主さまが何度飛び上がったことか

大好物はお刺身。赤みのマグロに、カツオ。1回に3切れペロリと食べちゃうこともあります

そんなルナちゃんが先週から急にガクッと体調が悪くなり、食事を取らず、みるみるうちに痩せてきてしまいました。。

少し前におこなった血液検査では肝臓の数値がやや高く、甲状腺機能亢進症もあります

でもルナちゃんはどうやっても投薬が難しいということで、甲状腺に関してはあまり数値は高くないのでそのまま様子見。
肝臓に関してはサプリをごまかしごまかし

でも、先週まで体重も時々増えることもあるくらい元気で食欲もあったんです

具合が悪くなるのって突然です

ちょっとおかしいな・・と思った翌日にはさらにガクッと。。嘔吐もあります。

診察した翌日は私がどうしても往診に行けなかったので一般動物病院を受診することをご提案しましたが、20歳のルナちゃん、ご自宅での治療を飼い主さまが強く希望されたので、私の信頼する夜間往診専門動物病院の梅原先生に連絡をし翌日夜間に診ていただきました。
梅原動物病院http://uvet.iza-yoi.net

もともとルナちゃんは3年前に梅原先生からご紹介いただきました。

やはり脱水が重度。連日皮下点滴をし、吐き気を抑える注射などをしていただきました。

翌日のルナちゃん、ゆっくり口に入れる食事を何とか受け付けるもののあまり状態が良くありません

皆さまは二十歳のルナちゃん、どう思われますか?

もう難しいと思われる方もいらっしゃると思います。

飼い主さまがこうおっしゃられました。

「先生、私たちは延命治療はしたくないんです。ルナを苦しませたくないんです。この子の寿命なら受け入れます。でもルナは今生きていて、ルーちゃんって声かけるとニャァって言うんです。
ルナの命がある限り、もしお注射や点滴でルナが苦しくないならお願いします」


静脈に輸液ラインを取り、静脈内に輸液をすることにしました。


夜間に梅原先生が確認し、昼間に私が確認。

20秒に1滴流れる点滴がルナちゃんの体にゆっくりエネルギーとみんなの気持ちを届けてくれます。

静脈輸液をスタートし、静脈内に吐き気止めなどの注射を入れ、数時間後。

横たわっていたルナちゃんが自分で起き上がり、飼い主さまが用意してくださっていたスープ状のゴハンを3口も自ら食べたんです。゚(゚´Д`゚)゚。

体温が下がりやすいのでお部屋をぽかぽかにして、ルナちゃんの好きなクッションをそばに置いて、ご家族みんなで優しくルナちゃんをなで、声をかけ、足をさすり、涙を流し、笑顔を向けて。


ルナちゃんは殆ど横たわっていますが呼吸はゆっくりと穏やかで、「ルーちゃん」って呼ぶと「にゃぁ」って小さい声で反応します。

ご家族もたくさん涙が出ますが、でも、往診中たくさん笑いながら穏やかにみんなで治療ができています。


「延命治療」。最近ではネットやSNSでは「延命治療」という言葉に対し心ない投稿を目にすることもあります。

”人の都合で生かされる”そんなイメージがあるのだと思います。

でも、ルナちゃんを通して、延命治療とは、今目の前の大切な家族の命を最後まで穏やかに過ごすための治療であると再確認しました。

吐いてぐったりしていたルナちゃん。でもご家族の思いが届いて、呼吸が楽になり、吐き気が止まり、ゴハンを口にできたのです。

ルナちゃんは輸液は繋がれてはいるものの、穏やかにご家族のそばで笑顔で優しく撫でてもらい、ルナちゃんはもちろん、ご家族皆さまも優しい笑顔でいらっしゃいます。

今夜は梅原先生がルナちゃんに会いに行ってくれます

同じ往診専門医として、夜間と昼間と一緒に治療をできること、心より感謝しています。

ルナちゃん。また会いに行くからね。

今日という日も、どうぞ穏やかに過ごしてね。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック