東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ご自宅での歯石除去-ふわふわまるちゃん
2016年02月10日 (水) | 編集 |
先日の往診症例です

4歳のビションフリーゼのまるちゃんです。
IMG_5669.jpg

まるちゃんは2年前に、ひどい下痢と嘔吐、皮膚症状に悩まされたそうです

かかりつけの病院でしっかり検査

治療を行い、今は完全手作り食で胃腸症状も皮膚症状もとっても落ち着いています

さて、今日はまるちゃんの歯石が気になるということでご自宅に伺ってきました

とーーーってもわかりにくいと思いますが、これが最初の状態です

赤い矢印のところは歯石がやや歯茎を圧迫していますし、全体的に全ての歯周ポケットに歯石が付着しています。
FullSizeRender 5

FullSizeRender.jpg

歯のぐらつきもないですし、歯茎の状態から無麻酔での歯石除去でも良いと判断し、無麻酔で歯石を取ることにしました。

なんとまるちゃん、パピーの頃からトレーナーさんについてトレーニングをされてきたそうなのですが、「仰向け保定の重要性」も教わったそうです。

最初はとても嫌がってなかなかうまくできなかったそうですが、今や保定しなくとも飼い主さまの指示でこの状態(^^)

前足の折れ具合や、後ろ足の開き具合からとてもリラックスしているのが伝わります
IMG_5671.jpg

私が行う無麻酔での歯石除去も基本仰向けで行うので、この保定に慣れているととてもスムーズに行うことができます

jazzを心地よい音量で流しながら、まるちゃんと会話しながら、ふわふわのまるちゃんのマットの上で歯石除去。

きれいになりました (わかりにくくてすみません
IMG_5664.jpg

IMG_5660.jpg

飼い主さまもとても喜んでくださいました

まるちゃん本当にお利口さんで、飼い主さまの努力のおかげさまです

まるちゃん、今日もおいしい手作りご飯いっぱい食べてね


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック