東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
自宅点滴のタラちゃん
2016年06月04日 (土) | 編集 |
先日の往診症例です

今回も動物病院からのご紹介です。

15歳のスコティッシュの猫さん、タラちゃんです

半年くらい前からお水を飲む量が増え、おしっこの回数も増えたということで、かかりつけの動物病院を受診されました

検査結果は「慢性腎不全

治療としては、
.点滴(静脈or皮下;腎臓への血流を増やし、腎臓を保護し、体内に溜まった毒素をおしっことして出す)

.食事療法(より腎臓に負担の少ない食事)

.サプリメント(腎不全のために解毒できない毒素を吸着したり、一般状態を改善するもの)

どれも取り入れることで慢性腎不全の犬や猫たちは、一般状態が著しく改善し、治療しない場合と比較して、より快適に飼い主と長く一緒に過ごせることがわかっています。

さてタラちゃん。

点滴をしたいのだけれど、なんとタラちゃん、病院がものすっごく苦手なんですって

もうそれはそれは大騒ぎでとても穏やかに皮下点滴が出来る状態ではないとのこと・・

腎臓のための治療が、むしろストレスで寿命が縮みそうなんだそうです。。

食事療法とサプリメントで数値が下がる子もたくさんいますので、まずはその2つの治療で1週間様子を見ることに。

しかし・・・1週間後、腎臓の数値はさらに悪化してしまいました

療法食も全く食べてくれず。


そこで、かかりつけの獣医師から、今のタラちゃんには点滴が必要で、ご自宅で点滴ができないか?というご相談をいただきました。

さっそくタラちゃんに会いに行ってきました

15歳のスコティッシュさん。どんなかなぁー、触れせてくれるかなぁとドキドキしながらお家に伺いました

初めて会うタラちゃん。目をまん丸くして飼い主さまとお出迎えしてくれました。
IMG_782t0-1.jpg


「ふむふむ。ひとまず第一関門クリア」

まず、この時点で姿を隠している子や、大慌てで逃げていく場合にはさらに慎重に診療する必要があります

「タラちゃんこんにちはーーー!!」と蚊の鳴くような声で目を合わさずに挨拶をし、リビングへ

しばらくはタラちゃんから離れて飼い主さまとお話をさせていただきます。

いきなりタラちゃんに近づくのも目を合わせるのもNG

【わたしは飼い主さまに用事でたまたまお家に来た】という演技が実は大事なんです(笑) 犬の場合もそうですが、猫の場合は特に
imaget1-3.jpeg

まずは往診バッグをチェック!
IMG_78t19.jpg



タラちゃん、腎臓の数値かなり悪いです。。

まず最初に可能な限り数値を改善させる必要があると判断しました。

タラちゃん、飼い主さまには本当に穏やかで、何しても殆ど受け入れてくれます
IMG_781t2-1.jpg


これなら大丈夫かも! 飼い主さまに毎日皮下点滴をして頂くことにしました。

まずは毎日点滴をし、2週間後に数値がどれだけ改善するのか、それにより今後の点滴の間隔を広げたり、治療の選択肢が増えます。

自宅での皮下点滴。とても難しくハードルが高いように感じられるかもしれませんが、実は大事なのは技術ではないんです。

もちろん、技術も必要なのですが、技術はどなたでも練習すればすぐに獲得できます。

それよりもずっとずっと大事なのが私たち飼い主の気持ちのリラックス

イメージで言うと、飼い主さまがソファに座っているところに、犬や猫たちが寄り添って来た時、そっと体をなでますよね!  その時と同じ気持ちで点滴するととってもうまくいきます

初めてのタラちゃんの点滴  飼い主さまはドッキドキでしたがバッチリ気づかれずに大成功
IMG_780t5.jpg

t.jpg


さぁ明日から頑張ってくださいね

それから1週間、毎日飼い主さまに連絡をいただきました

タラちゃんも飼い主さまも日に日にリラックスしながら点滴ができているようです


こんなメールもいただきました

「先ほど、夕陽を眺めながら点滴を終えました。タラちゃん、点滴が終わると直ぐに、ご飯の催促をしてくれました。良かったです」
imaget1-2.jpeg


そして先ほど届いたお写真とメール
「先ほど、無事に点滴を終えました。
ご飯もしっかり食べ、オシッコもよく出ています。
鳴く声も強く出るようになりました。」

imaget1-1.jpeg


とても嬉しいです

来週末はかかりつけ病院での検査予定です。

少しでも良くなっていますように。

でも検査結果よりもずっとずっと大事なこと。

それはタラちゃんが前よりもずっと調子が良く食欲もあり元気にしているということ

点滴後はごろーーーん
imaget2-1.jpeg


ご紹介下さった白金高輪動物病院さま、おかげさまでタラちゃん元気に、そして穏やかに過ごせているそうです。来週の検査、どうぞ宜しくお願い致します。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック