東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
足裏パッドの間にデキモノが!
2016年07月22日 (金) | 編集 |
10才のシーズーさん。

いつものように全身見ていたら、足の裏のパッドの間に何やら腫瘤ができています

先週はなかったように思いますが、約5mmのぷりっとしたできものがあります。

通常若い子でしたら、少し様子を見るのですが、10歳ともなると、悪性腫瘍が発生する可能性も考えなくてはいけません

また、見た目ではもちろんその腫瘍がなんなのか判断することはできないのですが、しかしながら、今までの経験から「〜っぽい」というのはあります。

今回つるっとした腫瘍で、その部分には毛がなく「肥満細胞腫」という名の悪性腫瘍に少しだけ雰囲気が似ています

肥満細胞腫だと嫌だなぁと思い、細い針で細胞を抜き、細胞診を行いました

その結果、「皮膚組織球腫」という良性の腫瘍でした

皮膚組織球腫は犬に特徴的な腫瘍で、通常若い子に多く発生します。

発生しやすい場所は四肢端。

この腫瘍の特徴として、数週間で自然退縮します。

なので、飼い主さまと「早くちいさくなーれ!!」と願いながら経過観察としました。

初診時の腫瘤です。約5mm。つるっとした無毛の腫瘤です。
IMG_92m46.jpg


1週間後、だいぶしぼんできました。
IMG_92m47.jpg


2週間後、殆どわからなくなっています。
FullSizeRenmder-33.jpg


きっともうすぐなくなるね

体にできるしこり、もちろんそれが悪性であれ良性であれ、ない方が良いのは当たり前です。

しかし、年齢や犬種、見た目も含め、いつどんな検査をするか、いつどんな判断をするかがとても重要になってきます。

また、今回見つかった場所は足裏のパッドの間。とても見つけにくいです。

皆さまもスキンシップの一環として身体中チェックしてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック