東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
慢性腎障害 5歳のノアちゃん
2017年03月10日 (金) | 編集 |
5歳のアビシニアンのノアちゃん

今年に入って何となく調子が悪い・・・

食欲がなく、痩せていき、いつもだるそうに寝てばかり。。。

飼い主さま、ノアちゃんを病院に連れて行かれました

各種検査を行い、わかったこと。

・腎臓がものすごく悪い・・
・片方の腎臓が機能していないようだ。
・入院して静脈に輸液を流す必要がある。


突然の診断に飼い主さまの動揺は隠せません。。

まさか。そんなことってあるの??

でも、ノアちゃんに元気になって欲しくて、入院させました。

4日間治療し、ノアちゃんは食事もよく食べ、元気になってきたとのこと

しかし、血液検査ではおもったほど下がりませんでした

一旦退院し、ひとまず通院治療に切り替わりました。

しかし

全くつかまらないし、挙げ句の果てには飼い主さま、生まれて初めてノアちゃんにシャーーーっと言われてしまったとのこと

それは飼い主さま心も萎えてしまいます(><)

すぐにかかりつけの獣医師から当院に連絡をいただき、往診に伺うことに

ノアちゃんは好奇心旺盛。私の荷物をチェックし良い距離を保ちながら何度も近づいてきます
FullSizenRender 98


私が一番気になること。

それは、捕まえたら怒るのか?それとも、怒らないけど逃げたいのか?

これで全然対応が変わってきます

30分くらいおもちゃで遊んだり時々側に来るノアちゃんにちょんと触れたりして、決まった
IMG_301n8 2



ノアちゃんは捕まえても怒らない!(たぶん)

横を通り過ぎるノアちゃん捕獲
FullSizenRender 97


全然怒りません(^^)

でも隙あらば逃げたいので、急いで輸液。
FullSizenRender 96

診察治療後も側にいてくれます よかったーーー

輸液した翌日はとても調子が良いそうです。

自宅での3日に1度の輸液を継続し3週間。

なんと

すっごーーーく数値が改善したんです

輸液は継続が必要ではありますが、とても嬉しい。

ノアちゃん自身も食欲元気旺盛

体重も2.5kgだったのが2.9kgになりました♪

何より嬉しいのが、飼い主さまの「ノアが子猫の時のように元気なんです!」という言葉。

私たち獣医師は病気を治すことが仕事でもありますが、でも、一番大事にしたいのが、治療をしていても、薬が必要でも、でもその子が大好きな家族と一緒に大好きなおうちで元気に過ごせるようにサポートすること。

毎回感動するのですが、自宅に戻ってからの動物の回復力はすごいものがあります。
もちろん、病院でしっかりと検査と必要な治療をしてるから。

かかりつけの獣医師とも互いに連携を取り1頭の命を大切にできること感謝しています。

ノアちゃん、最近は捕獲がスムーズになりました
FullSizeRnender 99


まだ5歳の命。どうか穏やかな時間が続きますように。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック