東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
肥満細胞腫
2017年03月31日 (金) | 編集 |
先日フレンチブルッドグのwebサイトに掲載させていただいた記事、「肥満細胞腫

フレンチブルドッグ、ボストン、ボクサーなどのブルドッグ由来犬種に多発するのですが、もちろん全ての犬種、全ての猫に多発する腫瘍ですので、こちらにもアップさせていただきますね

愛しい我が子の皮膚に何かポツッとできものがある

そんな経験をされたことがある方も多いかもしれません。

皮膚にできもの、日常の診療でもとても多いです。


皮膚感染症の一過性の湿疹(ニキビのようなもの)のこともあれば、放っておいても小さくなるような良性の腫瘍もあれば、当然悪性の腫瘍ができることも。

肥満細胞腫は皮膚腫瘍の中でもとっても発生率が高いです。

《症状》
体を撫でていたら、何かポツっと指先に触るものがある。
よく見たら、何かできものがある。

《原因》
体表にできる「できもの」はある程度年齢や、見た目、もしくはその周囲の皮膚状態からそれが何であるのかを推測できることもあります。

しかし、それはあくまで「推測」

犬の体表面にできる皮膚腫瘍の中で最も発生率が高いとされるのが「肥満細胞腫」です。

肥満細胞腫はそのできものの見た目がとってもバライエティに富んでいます。

つるんとした外観のものもあれば、毛がはえているもの、一つだけできるものもあれば、複数個できるもの、柔らかいものあれば、硬いものも。
外観上、すべての腫瘍に似ているのです

なので、見た目で「肥満細胞腫っぽい」とも「肥満細胞腫ではなさそう」とも言いにくい腫瘍です。

一般的にはシニア犬で発生しますが、6ヶ月齢の子犬でも発生することはあります。

そして、肥満細胞腫は悪性度の高いものから低いものまで様々です。

何年もかけて緩やかに成長するものあれば、一気に大きくなりリンパ節に転移するものもあります。

リンパ節に転移した肥満細胞腫は、肝臓や脾臓に病巣を作り、全身に広がります

肥満細胞腫は、組織学的に悪性度を判定することができるのですが、フレンチブルを含めたブルドッグ由来の犬種は、他の犬種と比較すると悪性度が低いものであることの方が多いです。

《診断・治療》
肥満細胞腫は一般的に針生検で診断可能です。とても特徴的な細胞なのです。

針生検は特に麻酔も必要ないですし、一瞬チクっとはするかもしれませんが、一瞬で検査可能です。

中には判断が難しく、鎮静下で組織を一部生検する必要があることもあります。

何れにしても、肥満細胞腫は怖い腫瘍であることは間違いないので、「見守る」のではなく、時に積極的に診断することも必要です。

治療としては、外科的に切除することが一般的。

悪性度にもよりますが、放射線や抗がん治療が必要となることもあります。

《予防》
犬たちは皮膚表面が毛で覆われているため、できものを見つけにくいのも事実。
常に我が子の体をさわり、何かできていれば、かかりつけの病院で受診されてくださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック