東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
生きる力 命の尊さ
2017年04月27日 (木) | 編集 |

先日アップした25歳のネコちゃん。
http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-356.html


先週具合が悪いということですぐにお伺いしました

たった数日で顔はげっそり、食事も水も取らず2日。
FullSizeRsender 147

顔を持ち上げることもできず辛そうにしています。。
FullSizeRsender 148

すぐに血液検査をしたら肝臓腎臓が跳ね上がっています

すぐに亡くなってもおかしくない数値

皮下点滴は2日に1回していましたので、この状態では静脈に輸液や薬を流さなければ命をつなぐことはできないとお伝えました。
FullSizeRsender 143

そして、1番大事なこと。

それは「もう25歳だから、何もせずそっとしておく」ではなく、
「25年も生きてくれている。この子の命がある限り、少しでも気持ち悪さ、辛さをとってあげる治療をする、それが結果的に明日につながるかどうかは置いといて」

ケージなんてなくても大丈夫。

お部屋の角を使って即席ハウス。
FullSizesRender 142

トイレと、ベッド、お水を置いてあげる。
FullSizeRsender 149

少しでも快適に過ごせるように。

なんと治療開始3日目

しんくんが自らゴハンを食べ始め、水を飲み始めたのです

昨日の血液検査では振り切っていた肝臓は正常値に戻り、腎臓もやや高いながらもものすごく改善

脱水が改善されお顔ふっくら
FullSizeRsesnder 146

今日はカリカリも食べます
FullSizesRender 145

思わず飼い主さまと涙出るほど喜びました。

お部屋もヴァージョンアップし、見ている私たちにも思わず笑顔
FullSizeRsender 144

何度も見せてくれる命の奇跡。命の尊さ。

生きるために生まれてきたことを教えてくれます。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック