東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
獣医師の紹介
2017年05月07日 (日) | 編集 |
看護師に引き続き、しまペットCLINICの新しい獣医師を紹介いたします

彼女も私と10年前から共に仕事をしてまいりました。

今までに何度か往診にも同行しています。

今後は今まで以上に皆さまのサポートができたらと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

しまペットCLINIC
堀江志麻



初めまして!

しまペットCLINICの獣医師の高橋舞子(たかはしまいこ)です。

私は町の動物病院で約3年間働いたあと、岐阜大学動物病院の腫瘍科で7年弱の間、腫瘍になってしまったワンちゃん、ネコちゃんの検査、診断、治療に携わってきました。

大学病院での勤務の中、高度医療によって沢山の命が救われていると実感したと同時に、まだまだ力が及ばないと思うことも多々ありました。

そして、腫瘍の早期発見の重要性を痛感するとともに、定期検診を啓発していきたいと強く思うようになりました。

また、末期の腫瘍患者さんとその飼い主様に、もっともっと近くに寄り添っていくことはできないのだろうか、と考えるようになりました。

病気を、特に治らない病気をかかえて日々過ごすのは、とても不安なことだと思います。

でも、病気のことや、ワンちゃんネコちゃん自身の状態をしっかり把握できていれば、その不安を減らすことができるかもしれません。

検査のこと、治療のこと、病気自体のこと、ふと感じたこと…なんでもかまいません。

往診に伺った際は、お気軽にお話してくださいね。

ワンちゃん、ネコちゃん、そして飼い主様にとってハッピーな毎日が続けられるように、少しでもお手伝いをさせていただくことができればと思っています。

私の愛犬、ポメラニアンのぽんずです。

生まれつき、動脈管開存症という心臓の病気を持っていましたが、生後4ヶ月で心臓の手術を乗り切ってくれました。

今はとても元気で、走り回るのが大好きな、4歳です♫
image1p-2.jpg

高橋舞子

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック