FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ウサギさんの爪切り
2017年10月16日 (月) | 編集 |
先日の往診症例です

2歳のウサギさん、うたちゃんです。

お外がとにかく苦手で病院では大暴れして何度か診察を断られてしまったとのこと。

しかし、お爪が伸びていてどうしたらよいのでしょう・・・とご相談をいただきました。


ウサギさんは周囲の変化などにとても敏感で、知らない人が近づくことはとってもとっても怖いと感じます。

それは当たり前ですよね! だって自然界では人が近づいてきたりすることはありませんし、ましてや「捕まる」=「食べらてしまう」被捕食動物では、いかに捕まらずに逃げ切るか!が重要視されているのですから。

なので、犬や猫たちのように肉球はなく、毛だけで覆われた足の裏を使って足音を立てずに歩くのです。

さて!そんなうたちゃんの診察に。さっそくご自宅に伺ってみました

玄関先に往診バッグを置き、そーっとそーっとおうちにあがらさせていただきました。

お部屋の中にはかわいいうたちゃんがケージの中から覗いています。
IMG_00u22.jpg


初めての場合は、そのウサギさんがどんな性格でどんな風に嫌がったりするかわからないので、互いに様子見。

そーーーっと近づくもあっさりとぴょんぴょん逃げていきます。

その逃げ方などで大体の性格がわかります。

バスタオルを用意し、さっとウサギさんにかけて視界をなくします。

そのままさくっとタオルで包み込み保定完了

なるべく顔は隠して足だけ出して爪を切っていきます。

最後にお顔だけ出して、口の中を見る機器を使用して歯の状態を確認します。
IMG_00u23.jpg


ウサギは一生全ての歯が伸びる動物。通常は牧草を歯で横にすりつぶすことにより歯が毎日削られますが、時々様々な原因でうまく削られずに歯が伸びてしまうことがあります。

一度歯が変な風に伸びてしまうと、歯の生える方向が変わり定期的な歯切りが必要となるケースも多いです。

うたちゃんも実は少し前に歯が伸びすぎて麻酔下で歯をカットしました。

あれからどうかな??

チェックしたところ大丈夫そうです

一通りの診察を終え、またまたそっとおうちをあとにしました。

私が帰った後も、特に問題なくお部屋を歩き回っていたそうで一安心。

うたちゃん、また行くね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック