東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
ぼんちゃんの歯科処置
2017年11月20日 (月) | 編集 |
先日の症例報告です。

もうすぐ14歳になるビーグルのぼんちゃん。

ぼんちゃんは、多頭飼育崩壊でレスキューされたわんちゃんです

当然歯を磨いてきた経験がないので、お口の中には歯石や歯垢がついています。

今日まで飼い主さまが一生懸命ケアーしてくださっていましたが、すでに炎症が起きている口を触られるのは当然犬たちもイヤ。。

臭いも強くなってきたので、一度全身麻酔下でしっかりと処置をすることにしました。

歯科でいつもお世話になっているのは、荻窪ツイン動物病院です。
URLhttp://www.ogikubo-animal.com

今日は私も一緒に歯科処置です。

今日もナッツは一緒 
IMG_08b68.jpg

ぼんちゃんの名前が呼ばれ診察室に。歯をさっと確認。
やはり口の中は結構歯周病がひど炒め、予定通り歯科処置を行うことに。
IMG_08b70.jpg

お預かりして血液検査、超音波検査、レントゲン検査をおこなっていきます。
ぼんちゃんは少し前から腎機能がやや悪いため、定期的に点滴治療を行っています。
昨日もしっかり輸液してきました

検査中もお利口なぼんちゃん
IMG_08b77.jpg

検査結果で大きな異常がないと判断し、麻酔をかけて処置します。

IMG_08b83.jpg

処置前の歯です。歯石もたまり、歯茎もかなり炎症を起こしています。
IMG_088b2.jpg

IMG_08b81.jpg

こちらの病院には歯科処置専用ルームがあり、歯科用レントゲンなども備わっているので、迅速に必要な処置を行うことができます。
IMG_08b86.jpg

IMG_08b89.jpg

見た目はきれいに見える歯でも、根っこがダメになっている歯って意外とたくさんあります。

それを放置すると、しばらくして結局また酷い炎症になり口臭も消えることはありません。

IMG_08b90.jpg

結局なんと、15本の抜歯になりました

でもピッカピカです!!
IMG_089b7.jpg

IMG_089b6.jpg

処置時間は約3時間半かかりました。ですが、もちろんしっかりと麻酔をモニターしながら行うのでぼんちゃんは麻酔の目覚めも良くすぐに起き上がりました

こちらの病院ではガラス1枚隔てて飼い主さまが処置の様子を見学いただけます。

ぼんちゃんの飼い主さまもずっと付き添っていてくださいました
ナッツも一緒に(笑)

IMG_08b98.jpg

IMG_09b01.jpg

今回の処置前後の写真です。
IMG_09b07.jpg

IMG_090b6.jpg

ぼんちゃんはお家に帰って「ごはんちょうだい!!」と催促したようです
IMG_09b08.jpg

シニアで腎臓も悪いので念のため翌日往診に伺って採血しましたが、むしろ処置前より数値は改善(笑)

ぼんちゃん!本当に良く頑張ったね!!

これからますます元気に過ごそうね!

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック