東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
チャコちゃん
2018年01月16日 (火) | 編集 |
もうすぐ18歳のチャコちゃん

年末に「ここ1週間食欲がない」とご連絡をいただきました
chako-1.jpg


すぐにかかりつけに行っていただき、検査をしたところ、腎臓の数値が測りきれないほど高値を示しています

肝臓も膵臓も・・・。

具合が悪くなってからまだ1週間、この数値は急激に悪化した可能性があるため、入院してバンバン静脈に輸液を流すことにしました

もちろん高齢だし、入院はさせたくないのですが、それでも先週までは元気だったチャコちゃん、ここで何もしなければこの数値では生きていくことができません

またおうちで過ごせることを夢見て。

約3日、バンバン点滴を流しました。

本人の様子は確実に改善し、一切食べなかったおやつも手からほんの少し食べます。
IMG_11c86.jpg


しかし、血液検査の結果は思ったよりも悪く、数値はさらに悪化・・・。

かかりつけの獣医師とも相談し、自宅での介護に切り替えることにしました。
IMG_14c82.jpg


飼い主様に点滴のスピードを時々確認していただきながら自宅での静脈点滴、注射投与、内服投与、ご飯の給餌、おしっこうんちの管理

もちろん決して簡単なことではありません。

チャコちゃんがくんくん鳴けば、どこか痛いのかな?気持ち悪いのかな?どうしたのかな?と飼い主様も不安になります。

それでもチャコちゃんが過ごしたこの大好きなおうちで家族みんなで見守りたいという飼い主様の気持ち、とてもよくわかります。
IMG_140c5.jpg


動物は人と生きるために生まれてきて、私たち人間にかけがえのない愛情をくれる。

その恩返しを私たちはしなくてはいけない。

数日後チャコちゃんは少し気分が良く、自らトコトコ歩いたり、お水を飲んだり!!
IMG_15c80.jpg

IMG_1c578.jpg


いつも自宅での治療では信じられないような回復力を目の当たりにします。

チャコちゃん、生きたいんだよね。

しかし、ここ数日また具合が良くありません。
IMG_1947.jpg


もう一人で起き上がることはできません。

でもチャコちゃんは大好きなご家族のもとでご飯を食べさせてもらい、体を撫でてもらい、声をかけられ愛情を注がれ今日も柔らかい時間を過ごしています。

共に過ごす時間は確かにもう短いかもしれない。

でも、こんな風に穏やかに愛され過ごせる毎日はとっても幸せ。

最後までずっとサポートするからね!
IMG_19c42.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック