FC2ブログ

東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
救われた命 ニラちゃん
2018年03月29日 (木) | 編集 |
1年前、子犬を飼い始めたある家族。

愛情のかけ方がわからない、犬が理解できない、何をどうすれば良いかわからない。

ウンチやおしっこの臭いがきになるからと、ケージの中には芳香剤。

たまたま自宅を訪れた知人の方がびっくり。

「なぜ!?」と幾度も聞いても少しも理解できない返答ばかり。

見かねた知人の片が「うちに連れて行ってもいい!?」と聞くと、「どうぞ」

強烈な臭いのする子犬ちゃん。
IMG_0n865.jpg

身体中毛がフェルト状に固まって、ブラシやくしなんか通らない。
IMG_087n1.jpg


トリミングサロンに連れて行き、全身バリカン。
目はどこか空を見つめる・・・。

IMG_08n68.jpg


それでも人の優しさを確かめるように、愛情を確認するかのように顔をペロペロ舐める子犬。

あれから1年。

新しい家族の愛情を全身に受け、今はこんなに素敵な表情に。
IMG_08n69.jpg

これは一般家庭でおきたこと。お子様もいる一般家庭。

何が常識で何が非常識かの線引きはとても難しいもの。

でも、誰がどう見ても非常識であることはやはり誰かが双方に手を差し伸べなくてはいけません。

この場合、犬を売る側にも責任を持ってフォローが必要だと感じます。

犬たちはしゃべれないから。。

動物にも心があります。

命は尊いもの。

大切にすべきものです。
IMG_087n0.jpg

imagne2.jpg


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック