東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
歯の健康に
2012年09月18日 (火) | 編集 |
今日はワンちゃん猫ちゃんにオススメしたいフードを一つご紹介させて頂きます。

ヒルズさんから出ている療法食になるのですが、意外と皆さまにはあまり知られていない『t/d』というフードです。
td サイエンスダイエット


製品情報
  :   http://www.hills.co.jp/pd/products/dog/detail/t.shtml
  :   http://www.hills.co.jp/pd/products/cat/detail/t.shtml

ヒルズさんの療法食は全て『○/d』という名前がついていて、そのフードに対応する疾患や体の部位などから名前がつけられています。

t/dのtは『歯』を意味するtoothから。

このフード、アメリカではヒルズさんの療法食の中で1番売れているんです!!
(海外の方は歯に対する意識が強いなぁと感心しました)

実物を見るとびっくりするくらい大きいです!

でも特許を取得したt/dのデンタルテクノロジーはすごいです

フード一粒一粒に食物繊維が網目状に組み込まれていて動物が噛んでも粉々に砕けないようにできているのです。

このフードを噛み砕く事により歯についた歯垢が削られていくのです。

t/dのフードのパッケージの右上の方に、『VOHC』と言うマークがついています。

実はこのマークはあまり浸透していませんがとっても重要な意味を持ちます。
この承認証は何にでも勝手に付けることができるものではありません。

市場には歯周疾患を予防・治療できると主張する多くの製品が販売されていますが、本当に効果があるのかどうかを正しく評価した製品はごく僅かなんです。

そこで、 真に効果を有する製品を識別するための客観的で信頼できる目印を示す目的で1997年に獣医口腔衛生委員会(The Veterinary Oral Health Council(R)、VOHC(R))において、承認証が導入されました
http://www.vohc.org/

t/dは世界で初めてVOHCの承認を得た信頼の置けるフードなんです。

また<犬用><猫用>t/dの給餌により、歯肉炎のリスクが減少することがヒルズさんの研究で確認されています。

 歯周疾患は犬猫では一般的な疾患で、3歳以上の犬・猫の約85%が歯周病です
その予防には歯磨きがとっても重要なのですが、動物が嫌がってしまうとか、種々の理由で中々毎日実践できる方は少ないです(>_<)

なので、普段の食事をt/dにしたり、もしくはおやつとして1日2-3粒あげる事をオススメします。

※猫用t/dはストルバイト尿石症の子にも対応しています。

※t/dの他、
ヒルズさんの一般フード、『歯も健康 アダルト成犬用http://mypet.hills.co.jp/product/dogfood/sdd028.aspx
『歯も健康 アダルト成猫用http://mypet.hills.co.jp/product/catfood/sdc021.aspx
『グリニーズ』もVOHCに認証されています。
歯も健康サイエンスダイエット グリニーズ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する