東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
心因性脱毛
2013年05月07日 (火) | 編集 |
先日の往診症例をご紹介いたします。

5歳のネコちゃん  2か月前からグルーミングのし過ぎお腹の毛が薄くなってしまったとのこと

皮膚自体は赤味もなく、湿疹などはありません。


お話を伺うと、もともととーっても怖がりで、外はもちろん、病院に行こうものなら大興奮してしまうそうです

たしかに、私がおうちに入ると、冷蔵庫の上に逃げちゃいました。

思い当たることとしては、3か月前より、隣の家の外壁工事をしていて、昼間、工事の大きな音と振動が続いているそうです(わたしが往診に伺ったのは夜だったのでわからなかったのですが。。)



皮膚検査やアレルギー検査も行いましたが、特に何も引っかからず。
となると。。。やはり、『心因性脱毛;しんいんせいだつもう』が考えられます。

心因性脱毛とは、何らかの精神的要因による過剰なグルーミングから脱毛を生じたものであり、通常は明らかな炎症症状は見られません。

ネコちゃんに舐められたことがある方はご存じだと思いますが、ネコちゃんの舌って、とってもザラザラしていますよね かたーい舌乳頭というものがあるので、過剰にグルーミングすることで、被毛が切れてしまうんです。

【治療】
もちろん、ストレスの要因となっているものを取り除くことが一番大事ですが、工事はあと2か月近く続くとのこと。。

薬物療法としては、精神安定剤の投与が効果的です。
でも、お薬の投与もすごく警戒するので、フードに混ぜることもできないし、直接投薬も絶対にできないとのことでしたので、今回はメディカルアロマで対応することにしました

使用した精油
マジョラムサビネンによる副交感神経の安定と、テルピネン4オールによる鎮静作用

ラベンダーアングスティフォリア酢酸リナリルによる自律神経の鎮静・安定作用と、ℓリナロールによる鎮静・抗不安作用

マンダリン:に含まれるdリモネンによる鎮静作用、そして、アントラニル酸ジメチルによる自律神経の安定作用と、抗不安作用

上記の精油をブレンドして、ジェルに希釈し、1日2回ほど耳介に塗っていただくことにしました。

次回再診は2週間後です。  少しでも精神的に落ち着けてたらいいなぁ~~~。

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com



メディカルアロマのブログも更新しました
http://larosee.blog.fc2.com/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する