東京、千葉、神奈川、ペットの往診動物病院です。飼い主様の環境とその子にあった治療方法をご提案いたします。
元保護猫、ベイリーちゃん
2017年06月03日 (土) | 編集 |
先日の往診症例です

14年前、アメリカで保護された猫、ベイリーちゃんです

保護された当時、体の毛は全て抜け落ち、無残に避妊手術を実施されたと思われる大きなぐちゃぐちゃの傷を抱えたまま、人間を怯えながら見ていたベイリーちゃん。

今の飼い主さまが手を差し伸べてくださり、新たな家族として迎え入れられました。

そして数年前から日本で暮らしています。

飼い主さまにはすっかり慣れ、夜は飼い主さまのベッドで一緒に眠ります

そんなベイリーちゃんが、ここ最近尿をもらしたり、食欲がなかったり、嘔吐をするということでご自宅に伺ってきました

人がとっても怖く、病院では聞いたことのない声を毎回あげるそうです

確かに存在を消しこちらの様子を少し伺っています。
IMG_47b97.jpg

ただ、飼い主さま曰く、人が来ているのにベイリーが戸棚に隠れないのはすごいことなんだとか。
IMG_5b073.jpg


そっと手を出してみるとなでなでさせてくれました
FullSizebRender 143

まずは現状を把握するために血液検査を行いました

ベイリーちゃんは、慢性腎機能障害(慢性腎不全)と、甲状腺機能亢進症があることがわかりました。

どちらも今のベイリーちゃんには治療が必要です。

飼い主さまと病気のこと、これからのこと、たくさん話し合いました。

腎臓病に関しては、今のままではベイリーちゃんの食欲不振と吐き気につながるため、輸液やサプリメント、食事療法が必要。

甲状腺機能亢進症に関しては投薬治療もしくは食事療法が必要。

飼い主さまが一番気になるのはベイリーちゃんの精神的なところです。

「治療のために病院に行くことは正直不可能であり、自宅での治療もベイリーは受け入れてくれるかしら?」

腎臓病も甲状腺機能亢進症も治る病気ではないのでこれから継続的に治療が必要となります。

そんな話を床に座って飼い主さまと私と看護師で丸くなって話しているととってもびっくりすることが

なんとベイリーちゃんがその輪にトコトコ入ってきたのです
IMG_56b84.jpg

そんな姿に飼い主さまは感激

何気ないことなのですが、過去のベイリーちゃんを知る飼い主さまにとっては人の輪に入る姿は感動なのです。

以前にもブログでお話しした事がありますが、猫ちゃんの甲状腺機能亢進症とは、首の所にある甲状腺という組織から、過剰に甲状腺ホルモンが分泌されることにより、体に種々の障害をもたらす病気です
(人ではバセドウ病としてよく知られています)

症状としては、
・食欲が増進しその割には痩せて行く
・飲水量が増加する
・性格が活発あるいは攻撃的になる
・以前よりもニャーニャーニャーニャー鳴く
・毛がパサパサしている
・時々下痢や嘔吐をする

などなど。

また、甲状腺ホルモンが過剰に出る事により肝臓や心臓などにも負担がかかります

6-20歳の中高齢のネコちゃんに多く、性差はありません。

日本では13歳以上の猫ちゃんの約2割に甲状腺機能亢進症が見られると報告されています。
(※当院では8歳以上の猫ちゃんは1年に1回は甲状腺ホルモン濃度を測定する事をオススメしています)

原因の多くは甲状腺の過形成や甲状腺腫瘍によるものです。

血液検査で甲状腺ホルモン(T4)の値を測定することで、体にとってT4が適応量かどうかをチェックすることができます。

慢性腎機能障害(慢性腎不全)に関しても今は腎臓病の進行を抑える薬や、サプリメント、療法食が充実しています。

ベイリーちゃんがこれからもご家族と素敵な時間が過ごせるために、できる治療を一緒に。

週に1回伺っていますが、だいぶ表情が和らいできました
IMG_5b679.jpg

自宅でできることまだまだたくさんあります。

治療を理解できない動物たち。治療は嬉しくはないとは思いますが、でも少しだけガマンして受け入れてくれる子たちはたーーくさんいます。

飼い主さまに抱っこされなでなでされながら点滴治療を受けるベイリーちゃん。
FullSizeRbender-56.jpg

どうか諦めずになんでもご相談くださいね

しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

【セミナーのご案内】もし我が子が腫瘍と診断されたら?ガン治療の実際
2017年05月21日 (日) | 編集 |
7月23日(日) セミナーを開催いたします

この春から当院で一緒に往診診療を行う高橋獣医師による、「もし我が子が腫瘍と診断されたら?ガン治療の実際」セミナーです。

高橋は私が獣医師4年目のときに、私の後輩として横浜の病院にピッカピカの1年目として入ってきました。

あれから10年。これからは皆さまを一緒にサポートしていきますのでよろしくお願いいたします。

ブログに紹介していますのでぜひ見てください(^^)
高橋獣医師→http://shimapetclinic.blog.fc2.com/blog-entry-363.html

彼女は7年間岐阜大の腫瘍科で勤務してきました。そこでの経験を通して、高橋が岐阜大腫瘍科で学び経験したことを動画や写真を使用してお伝えできたらと思います。

今回、セミナーのタイトルでもある「腫瘍・ガン」と向き合えたらと思います。

もし、我が子が「ガンです」と宣告された場合、どれだけのショックを受けられることか。

もちろんどんな病気の診断もとても辛いものではあります。

その中でも、「ガン」という響きは本当に飼い主さまには辛いものだとお察しいたします。

・肝臓を切らないといけない。
・脾臓を全部摘出しましょう。
・抗がん剤治療が必要です。
・放射線治療をお勧めします。
・顎を全部取りましょう。
・断脚が必要です。
・一生、胃にチューブをつけて食事を取らなくてはいけません。
・一生、膀胱にチューブをつけて尿を排泄させないといけません。


こういったことを宣告された時、そして、完全には治らないかもしれないと知った時、多くの飼い主さまには上記の治療はとても敷居が高いように感じられるのではないでしょうか?

そして、
「辛い思いをさせるなら治療はしないでおこう」
「毎回麻酔をかけての放射線治療は負担が大きすぎる」

そんな風に感じられる方も多いのかもしれません。

でも、腫瘍の中には、早期対応することでもちろん完全に切除できることもありますし、もしくは治療によって苦しくない穏やかな時間を動物たちと長く過ごすことができます

我が子と「穏やかな時間」を可能な限り1日でも長く一緒に過ごしたい

飼い主さまがそう思われるのは当然です。

動物たちが長寿になった今、腫瘍と診断される子達がとても増えました。

もしかしたらいつか我が子がそういうことに直面するかもしれない。

そんな時、少しでも皆さまの選択肢が増えたらという思いでこのセミナーを開催させていただきます。

また、セミナーのあとにはみなさまの疑問や不安などもお気軽にご質問いただけるような時間も取りたいと思います。

どんなガンが多いの?
治療ってどんな風にするの?
動物たちは痛いの?
治療した場合としない場合ではどんな経過をたどるの?
費用はどれくらいかかるもの?


みなさまのちょっとした気になることなどもお答えできたらと思います。


日時;7月23日(日) 13:30−15:00

場所;千葉県浦安市高洲8−1 新浦安パームコート 1Fコミュニティルーム
   ※駐車場ご用意できますので必要な方は事前にお申込みください(数に限りがございます)200円

費用;1,000(税込)/1家族 1家族2名までとさせていただきます。もしそれ以上ご希望でしたらご対応させていただきたいと思いますのでご連絡ください。

定員;30名(予定) 先着順となりますのでお早目にお申込みくださいね!

お申込み;shima.pet.clinic@gmail.com

※わんちゃんねこちゃんは入れません。飼い主さまのみとなります。

どなたでもご参加いただけます。
FullSizeRbender 143


しまペットCLINIC
shima.pet.clinic@gmail.com

命の誕生ーMシュナ
2017年05月15日 (月) | 編集 |
「みんなうちの子!」そんな気持ちで犬たちを新しいご家族にお渡しされるDOG SHOP テリアス。
スタッフ全員が仕事に対しプロフェッショナル。

今日こそ生まれるかな!?

予定日過ぎて3日。昨夜も待っていましたが一向に産む気配なし

今日こそは!!

そわそわし始めたシュナちゃん。

お産は初めてのシュナちゃんです。

陣痛が始まり、初めての痛みにびっくりするシュナちゃん。

でも、「大丈夫、大丈夫」と声をかけ落ち着かせます。

IMG_49m29.jpg

出てきました!
mhull.jpg

膜に包まれているので膜を剥がします。本来は母犬が膜をかみちぎりますが、最近の家庭犬では、母犬自身がびっくりしてすぐに行動に移せない子もいます。

なので様子見てすぐに介助を
IMG_49m42-1.jpg



ピーピー鳴いたら、へその緒をしばります。
IMG_49m51-1.jpg

4頭みんな無事!
FullSizeRemnder-66.jpg

FullSizeRemnder-59.jpg

FullSizeRemnder-61.jpg

FullSizeRemnder-63.jpg

シュナちゃんすぐにお母さん
IMG_50m09.jpg



FullSizeRenmder-56.jpg

命の誕生は本当にすごい。

子犬はこれから思う存分母犬と過ごし、そして、新しいご家族のもとへ。

母犬にも心がある。子犬にも心がある。それを本当に感じます。

みんなに愛されみんなに祝福され出産する母犬。

そして、誕生を心から祝福される子犬たち。
犬の命の誕生は本当にこうであって欲しい。
 
@DOG's PROSHOP TERRIER'S / ドッグズプロショップテリアス
http://www.dog-terriers.com


FullSizeRemnder-64.jpg